シェネル、華原朋美、May J.、Aqua Timezが日本赤十字社開催イベントに出演

okmusic UP's / 2014年6月15日 15時0分

【Aqua Timez】6 月13日(金)@『LOVE in Action Meeting (LIVE)』@日本武道館 (okmusic UP's)

6月14日の世界献血者デーを翌日に控えた6月13日、日本武道館で若年層に献血を呼びかけるライブイベント「LOVE in Action Meeting(LIVE)」が開催された。

【その他の画像】Aqua Timez

日本赤十字社が、2009年10月より開始している若者への献血推進啓発事業「LOVE in Action プロジェクト」の一環の同ライブイベント。出演はロサンゼルス在住、洋楽・邦楽の境界を越えて、いま最も注目を集めている“トータル・ダウンロード数 1,000 万突破"の実力派シンガー、シェネル。2012 年 12 月に芸能活動を再開し、今年3月にキャリア初となるカバー・アルバムをリリースした華原朋美。歴史的大ヒット中のディズニーアニメ「アナと雪の女王」日本版主題歌を担当するなど注目のMay J.。現在実施中のツアーが好調、「LOVE in Action Meeting(LIVE)」には 3 回連続出演となるAqua Timez。さらに、トークゲストとして日本赤十字社学生献血応援キャラクターを務める俳優の渡部秀も登場した。

イベントのトップを飾ったのは、献血をしてきたというシェネル。「誰かの役に立てて嬉しいです!」と献血への思いを語り、「逢いたくていま」や「ずっと」など洋楽と邦楽を交えた 6 曲を披露。シェネルの歌声に、観客は魅了された。

続いて華原朋美は、「DEPARTURES」を始めとした 5 曲を熱唱。会場からは「朋ちゃ~ん!」と呼びかける声が上がった。トークでは、自身の献血体験を語り「A型だと思っていたら、実はO型であることがわかった」という仰天のエピソードを披露し、会場はどよめいた。

その後のトークコーナーに登場した渡部秀は、自身のファンである観客と特撮ヒーローのやりとりを行い、会場を盛り上げる一幕も。また、過去にインタビュアーとして対談した輸血経験者の遊佐つぐみさんとステージ上で再会し、喜びあいました。最後には、観客に向けて「献血に行きませんか」と協力を呼びかけた。

続いて登場したのは、ピンクの鮮やかなドレス姿で透き通る歌声を届けたのは May J.。ディズニーアニメ「アナと雪の女王」日本版主題歌である「Let It Go ~ありのままで~」が始まった時には、会場のボルテージが最高潮に。「ディズニーアニメの日本語版主題歌を歌う事が夢で、これからこの曲を大切にしていかなければいけない」と May J.はこの曲に対するアツい想いを語った。また、3 月にリリースしたカヴァーアルバム『Heartful Song Covers』より合唱曲の「Believe」では、観客から大合唱が起こり、会場がこの日一番の一体感に包まれた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング