FaRao月間ランキング!「カバーの女王」 BENI が 1位獲得。 人気カバー曲とブレイク間近のニューカマーが上位に。

okmusic UP's / 2014年6月17日 11時0分

BENI (okmusic UP's)

聴き放題インターネットラジオ「FaRao」が、音楽ストリーミングランキングの5月度TOP20を発表。邦楽部門はBENIの「サンキュ.」洋楽部門はケイティ・ペリーの「ロアー~最強ガール宣言!」が、それぞれ1位を獲得した。
【FaRao 5月ストリーミングランキングの画像】

ユーザーが「Good」「Bad」を選択することで自分好みの音楽チャンネルが作れる「FaRao」にて、1ヵ月間に再生された曲にユーザーが「Good」を選んだ回数、「Bad」を選んだ回数を集計、再生回数に加味して独自の計算で算出したのが、この「音楽ストリーミングランキング」。つまり、ユーザーが直感で「いい曲!」と思った曲がわかるランキングとなっている。

5月の洋楽部門はケイティ・ペリーに続きアレクサンドラ・スタン、ブルーノ・マーズというヒットメイカーがTOP3に並ぶチャート状況。特にブルーノ・マーズはTOP20に3曲がチャートインし、メロディメイカーとしての才能を見せている。

そして、5月の邦楽部門は「カバーの女王」BENIがドリカムの名曲を歌った「サンキュ.」が1位を獲得。デビュー25周年を記念して2014年3月にリリースされたDREAMS COME TRUEのカバーアルバム『私とドリカム -DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-』からの一曲だ。いきものがかり、中島美嘉、大塚愛、倖田來未、水樹奈々、miwa、JUJUなどそうそうたる人気アーティストが集まったこのアルバム。その中でもこの曲が1位を獲得したということは、「サンキュ.」という曲の時を越えた魅力と、BENIのシンガーとしての実力を証明したと言えるだろう。

今年デビュー10周年を迎えるBENIが「カバーの女王」の座を獲得したのは、2012年3月にリリースした英語詞カバーアルバム『COVERS』がきっかけだ。オリコン1位、iTunes年間アルバムランキング1位、レコチョク年間アルバムランキング1位獲得など数々の記録を打ち立てたこのアルバムに続き、『COVERS:2』『COVERS:3』をリリースし、シリーズ累計100万枚に迫るヒットを実現した。「いとしのエリー」や「粉雪」など、主に男性シンガーが歌った楽曲を英語にアレンジして歌い、色褪せないJ-POPの名曲に新たな魅力を与えたことで人気を拡大したBENIは、6月11日にカバーとオリジナルの両方を集めた2枚組30曲収録のベスト盤『BEST All Singles & Covers Hits』をリリース。デビュー10周年を経て、確実にファン層を広げていると言えるだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング