片平里菜、1stアルバムでOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDとコラボ!

okmusic UP's / 2014年6月19日 23時30分

片平里菜 (okmusic UP's)

先日待望の1stアルバム『amazing sky』をデビュー1年目最終日の8月6日にリリースすることを発表した福島出身シンガーソングライターの片平里菜。そのアルバムの全貌が判明し、タイトル曲の演奏&編曲をOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDが担当していることが分かった。

【その他の画像】片平里菜

アルバムのタイトル曲「amazing sky」は、片平里菜本人もデビュー前から大事にしてきた思い入れの強い楽曲で、東北での復興活動などを通じ以前から親交のあるTOSHI-LOW(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND/BRAHMAN)との同曲での共演を熱望、実現に至った。

アルバムは全13曲収録。レコチョクデイリーランキング2位を記録した配信限定プレデビューシングル「始まりに」や、全国のラジオ/CS局で パワープレイされたデビューシングル「夏の夜」、オリコン週間ランキング初登場18位を記録した2ndシングル「女の子は泣かない」、亀田誠治プロデュースの3rdシングル「Oh JANE」というこれまでのヒットシングルの他に、「始まりに」でもタッグを組んだASIAN KUNG-FU GENERATION山田貴洋プロデュースの新曲「HIGH FIVE」と「CROSS ROAD」、Hawaiian6の安野勇太が編曲で参加した「心は」、編曲に現KIRINJIのメンバーでもあるコトリンゴを迎えた「teenage lovers」、9月公開の映画「ハニー・フラッパーズ」挿入歌に決定している「tiny room」が新曲として収録される。

また、ライヴの定番曲で地元・福島で絶大な人気を誇る「Come Back Home」、スポーツ専門テレビ局J SPORTSのプロ野球中継番組『J SPORTS STADIUM2014』中継テーマソングとして野球ファンにも人気の高い「Hey boy!」、そして映画『ライヴ』の主題歌として使用され、東京スカパラダイスオーケストラの茂木欽一(ドラムス)と沖裕市(キーボード)がレコーディン グ参加した久保田光太郎編曲の「あなた」という聴きどころ満載のアルバムとなっている。

アルバム発売発表直後にはYouTubeオフィシャルチャンネルにアルバムのトレーラーが公開されたが、早くも6万回再生され、待望の1stアルバムへの期待と反響の大きさを物語っている。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング