時代を超えて受け継がれるエレファントカシマシの熱いロックスピリット

okmusic UP's / 2014年6月20日 14時14分

(okmusic UP's)

今回の『FaRao Music Discovery』でフィーチャーするのは、6月11日にドラマ主題歌のニューシングル「Destiny」をリリースしたエレファントカシマシ。今年1月にさいたまスーパーアリーナで行なわれたバンド史上最大規模のデビュー25周年スペシャルライヴも大成功。今年行われた数々のフェスでも若いオーディエンスを熱く盛り上げ、長いキャリアを経て、今なおロックシーンの最前線に立ち続ける4人組だ。アーティストの縦横に広がる音楽のつながりを解き明かすこの連載。今回はソングライター宮本浩次のルーツ、そしてエレカシに影響を受けたバンドを通して、時代を超えて受け継がれるロックスピリットを探っていこう。

東京北区赤羽出身の宮本浩次を中心に、中学校の友達同士で集まって結成されたエレファントカシマシ。都内ライヴハウスに出演するようになったのは高校一年の頃だったという。88年にアルバム『THE ELEPHANT KASHIMASHI』でデビュー。この頃に影響を受けていた音楽について、宮本はつい先日行なわれたさいたまスーパーアリーナのライヴのMCで、こんなふうに語っていた。

「昔、デビューの時に、『この人たちは5個ぐらいしかレコード聴いてないんじゃないか、でも、そこがいい』って言われて。実際それに近いものがありましたね。レッド・ツェッペリン、ドアーズ、ローリング・ストーンズ、T・レックスと、そういう洋楽のそうそうたる人たちが大好きで、しょっちゅう聴いてました」

実際、宮本浩次はこれらのバンドからの影響について、たびたび語っている。『月刊カドカワ』1996年4月号の記事でも、上記の4つにビートルズを加えた5つのバンドをフェイバリットに挙げている。中でも「常に聴いていたのがこのアルバムだったように思います」と語っていたのが、レッド・ツェッペリンの『プレゼンス』だ。

「僕が感じるカッコ良さっていうのは、男っぽさや一生懸命さがバンド自体からのいろんなエネルギーとなって、みんなでガッと音を出した時に凝縮されてダッとこっちに伝わってくる、そのダッとくるパワーじゃないですかね」と、同記事の中でレッド・ツェッペリンの魅力について解説している宮本浩次。その言葉はそのまま、エレファントカシマシのバンドが持つカッコ良さに通じるものと言っていいだろう。

エピック・ソニー在籍時の初期の荒々しいロックな方向性から、ポニーキャニオンへのレーベル移籍を経て、97年にドラマ主題歌となった「今宵の月のように」で一躍ブレイクしたエレファントカシマシ。東芝EMIへの二度目のレーベル移籍となった99年に発表した『ガストロンジャー』は、デジタルな打ち込みとヘヴィなサウンドを大々的に導入した一大転機作となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング