Daichiと彩音がシカゴでライブステージを披露

okmusic UP's / 2014年6月21日 0時30分

“Daichi & Ayane ジョイントコンサート”の模様 (okmusic UP's)

ヒューマンビートボクサーのDaichiと、数々のアニメ&ゲームソングを担当しているアーティスト“彩音”が、2014年6月7日~8日の2日間、アメリカ・シカゴのForest View Educational Centerで開催の“Chicago Japan Festival 2014”に出演した。


【その他の画像】ジョイントコンサート&ストリートライブの写真一覧

そこで今回は、シカゴに住む日本人や現地のアメリカ人も多く訪れたイベント1日目の“Daichi & Ayane ジョイントコンサート”と、翌日のストリートライブのレポートをお届けする。またYouTubeでは、2人のコラボ映像「口だけで残酷な天使のテーゼ」(http://www.youtube.com/watch?v=yIPGCflXcAg)も公開中となっているので、気になる人は今すぐにアクセスしよう。

--------------------------------------------------------

■シカゴのJapan Festivalにて、Daichiと彩音がライブステージを披露!

ライブは、楽器を一切使わず、口、喉、鼻などから50種類以上の音色を出すことができ、更にはリズムとメロディーを同時に奏でることができるヒューマンビートボクサーとしてテレビやライブ、YOUTUBE等で活躍するDaichiのパフォーマンスからスタート。

2012年、ニューヨークの名門ライブハウス「アポロシアター」が主催する大会・アマチュアナイトにて日本人ミュージシャン初の年間3位入賞を果たした実力を知る観客も、目の前で繰り広げられるDaichiの生のヒューマンビートボックスに一気にボルテージアップ! マイク1本で行うパフォーマンスや、ループステーションを使ったオリジナルミュージックの数々に大きな感動と興奮に包まれた。

続く彩音のライブは、アメリカのファンにも知られる作品「シュタインズ・ゲート」や「11eyes」「ひぐらしのなく頃に」「メモリーズオフ」等のテーマソングを中心に怒濤のライブを披露。ダンサーをバックに3人で歌う楽曲では、観客も一緒になって手を振るなど、大いに盛り上がった。

更に、ジョイントライブのラストは、この日の為に用意したコラボステージとして、Daichiのヒューマンビートボックスをバックに彩音が歌うという、まさにスペシャルなライブを披露。彩音のオリジナル楽曲である「ORANGE」と、世界中のアニメファンに知られる名曲「残酷な天使のテーゼ」の2曲を披露。会場には主催者側が想定していた人数を超える約1200人の観客が集まり、立ち見も出るほどの熱気に包まれた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング