川畑 要、3ヶ月連続アコースティックワンマンを完走

okmusic UP's / 2014年6月30日 15時30分

川畑要(CHEMISTRY)、6月27日に都内でアコースティック・ワンマンライブを実施 (okmusic UP's)

ニューシングル「Half Moon feat.鈴木雅之」を発売したばかりの川畑 要が、6月27日に都内でアコースティック・ワンマンライブを開催した。

【その他の画像】川畑 要

4月から3ヶ月連続で行なわれた企画ライブのファイナルとなるこの公演では、前出の最新シングル「Half Moon feat.鈴木雅之」はもちろん、ソロデビュー以降の楽曲などを含め、全13曲をプレミアムなアコースティック編成で披露。自身初となる3ヶ月連続でのライブを「こうやって3ヶ月連続でライブができたのも、ファンの皆さんのおかげ、そしてバンドメンバーのおかげ」と振り返った。

今回のライブで目玉となったのが、川畑自身が敬愛するアーティストの楽曲やお気に入りの歌をアコースティックにアレンジして歌ったカバー曲。4月、5月と小田和正、Mr.Childrenらリスペクト・アーティスト、そして映画『アナと雪の女王』で大ヒット中の「Let It Go」を男性アーティストとしては初めてカバー披露するなど、意外性とバラエティに富んだ選曲で会場を沸かせてきたが、ファイナルとなる今回は、最新シングルでも共演した鈴木雅之のソロデビュー曲や、山下達郎、安室奈美恵など川畑が尊敬してやまないアーティストの楽曲が披露された。カバー曲を披露することについて、川畑は「シンガーとして、自分のフィルターを通して色々な曲を伝えていくことが使命のような気がしている。今はとにかく歌う事がとても楽しい」と語った。

アンコールでは、CHEMISTRYの代表曲に数えられるヒットナンバー「SOLID DREAM」をソロバージョンでも披露し、「この曲の歌詞に当時、自分自身何度も救われた」「これからも(CHEMISTRYの)色々な曲を歌っていきたい」と語った。また、最新シングル「Half Moon feat.鈴木雅之」も、ソロ・アコースティックバージョンで披露され、大盛況のうちにライブは終幕した。

■「Half Moon feat.鈴木雅之」MV
http://youtu.be/dOCkdHW8AiY

■「KANAME KAWABATA Summer Live 2014 –Our Keys-」

8月2日(土) 東京 恵比寿LIQUIDROOM
8月3日(日) 大阪 梅田AKASO

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング