加山雄三率いるTHE King ALL STARSがインストアイベントを実施

okmusic UP's / 2014年7月11日 19時0分

加山雄三×ヨサク(MONGOL800)×古市コータロー(ザ・コレクターズ) (okmusic UP's)

加山雄三が率いるロックバンド・THE King ALL STARSのデビューアルバム『ROCK FEST.』が7月9日に発売され、東京・タワーレコード渋谷店にてトーク&ミニライヴとCD購入者対象の握手会が行なわれた。

【その他の画像】加山雄三

THE King ALL STARSは加山雄三の呼びかけにより、ロックフェスでもおなじみのメンバー13名が集結。キヨサク(MONGOL800)、佐藤タイジ(シアターブルック)、名越由貴夫(Co/SS/gZ)、古市コータロー(ザ・コレクターズ)、ウエノコウジ(the HIATUS)、武藤昭平(勝手にしやがれ)、高野勲、山本健太、タブゾンビ(SOIL&“PIMP"SESSIONS)、スチャダラパーという才能あるミュージシャンたちによって結成された。

そんなTHE King ALL STARSから、MONGOL800のキヨサク、ザ・コレクターズの古市コータローと3人で登場した加山は、おなじみのウクレレを携え、自身のヒット曲「お嫁においで」「夜空の星」の2曲を熱唱。加山は「ロックからスタートしたが、結局日本語のゆっくり路線の曲が大ヒット。でも、時々思い出してはロックをやってたんだ。今回集まったメンバーと音楽を通して色々と会話していくなかで、もういっぺんロックやってみよう! という気持ちになった」とバンド結成のきっかけを話した。

また、この夏の出演が決まっている「JOIN ALIVE 2014」「FUJI ROCK FESTIVAL'14」などの野外フェスについては、「体感した音圧がすごいし、ノリもすごかった。音楽はスピリッツだね! 先日出演した『GREENROOM FESTIVAL '14』で、アンコールの時に♪海その愛を若い人達みんなで唄ってくれたのはとても嬉しかったし、音楽が年代をも国籍も何もかも越えて、いいものはいいと思うフェスでのステージが気持ちいいんだ。トップミュージシャンが集まったメンバーに刺激されて去年よりもギターがうまくなった気がする」と笑顔を見せた。

楽曲制作秘話について、Vo担当のキヨサクは「最初におおざっぱにオファーがあったが、ここは勝負だと思って頑張った!」と答えると、「次回は曲を書け。宜しく!」と加山からも声がかかった。今後は各地で夏フェスにも参加するが、「行った先でメンバー13名全員、みんなで散歩するのもいいかな!」と自身の出演番組にひっかけて話した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング