荻野目洋子、「ダンシング・ヒーロー」のNEWダンスヴァージョンMV公開

okmusic UP's / 2014年7月18日 11時30分

荻野目洋子 (okmusic UP's)

1984年4月に「未来航海-Sailing-」で歌手デビューを果たして以来、「ダンシング・ヒーロー」「六本木純情派」「コーヒー・ルンバ」など数々のヒットを放ってきた荻野目洋子。結婚・出産を経て、近年は子育てを優先しつつ、音楽番組やライヴイベントにも精力的に出演している。

【その他の画像】荻野目洋子

昨年12月の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)では、シークレットゲストとして「ダンシング・ヒーロー」を披露。放送後、有料音楽配信サイト(歌謡曲・演歌部門)で月間1位を獲得するなど、圧倒的なヴォーカルとパフォーマンスで幅広い層を魅了したことは記憶に新しい。

その荻野目洋子のデビュー30周年を記念したアルバム『ディア・ポップシンガー』が、8月20日にリリースされることが決定した。前作『Songs & Voices』から4年9ヶ月ぶりとなるニューアルバムには、自身の代表曲の新録ヴァージョンのほか、80年代に世界的なヒットを記録した洋楽の日本語カヴァー、さらにオリジナル曲としては99年発表の「Feeling」以来、15年ぶりとなる新曲「キミとタイムマシン」(作詞:荻野目洋子)など全12曲を収録。お馴染みのヒットナンバーばかりで構成された豪華ラインナップで、87年の年間アルバムランキング1位を獲得した『ノン・ストッパー』(86年12月発売)の21世紀版といえる内容となっている。

デビュー30周年という節目を迎えた荻野目は、子育てが一段落したこともあり、本作を本格的再始動の第1弾と位置づけ、洋楽カヴァーの選曲だけでなく、日本語詞もすべて自身が手がけている。なおジャケット写真を撮影したのは、アート、ファッション、広告など幅広い分野で国際的な活躍を続けるレスリー・キー。シンガポールに在住していた頃から荻野目の大ファンということで、今回、待望のコラボレーションが実現した。

昨今の音楽シーンはEDMをはじめとするダンスミュージックが世界的な主流となっており、ヒットチャートの上位は歌って踊れるアーティストで占められている。一方、2010年代に入って、大型ディスコ店が相次いで復活するなど、ディスコブームが再来。さらにNHKの朝ドラ『あまちゃん』に象徴される80年代カルチャーの再評価の動きもあり、日本にダンスミュージックを定着させた荻野目洋子というパイオニアが改めて注目されている。また、彼女の代表作である「ダンシング・ヒーロー」はかねてより東海地区を中心に盆踊りの定番曲としても浸透しており、楽曲そのものに、時代を超える普遍的な魅力が備わっていたことも証明されている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング