春奈るな、欧州初上陸で約5,000人を動員

okmusic UP's / 2014年8月4日 21時12分

ドイツ・ボンにて開催された“AnimagiC”にメーンゲストとして出演した春奈るな (okmusic UP's)

アニソンシンガーの“春奈るな”が、ドイツのボンで開催されたヨーロッパ最大級のアニメイベント“AnimagiC”(※)にメーンゲストとして出演。米国、アジアでのライブに続き初のヨーロッパ進出を果たした。


【その他の画像】ファンへのサインや記念撮影など、“AnimagiC”での写真一覧

地元ボン生まれの大作曲家の名を冠した「ベートーベンホール」にて、8月1日と8月2日の2日間にわたってライブを敢行した彼女。各日超満員となる2,500人、2日間合計で約5,000人を動員したライブでは、自身のデビュー曲「空は高く風は歌う」をはじめ、「Fate/Zero」や「〈物語〉シリーズ」といったアニメのヒット曲を中心に全9曲が披露された。ドイツでも熱狂的な人気を誇るアニメ「ソードアート・オンラインII」のEDテーマ「Startear」を歌唱した際は、地元ファンたちも総立ちとなり、リズムに合わせて手拍子で応え、大喝采を送っていた。

終演後、春奈るなは「人生初のドイツに来て、来てくれたみんなが自分の歌を聴いてくれてとても感動しました。ドイツは街がきれいで、穏やかな印象です。ドイツのコスプレイヤーさんたちは美男美女ばかりで衣装のクオリティも高く、日本のアニメがすごく愛されているのを実感しました。またドイツに来てライブができるように頑張りたいと思いました!」と意欲を語った。

なお、春奈るなは「ソードアート・オンラインII」のEDテーマを収録した6thシングル「Startear」を8月20日にリリースするほか、8月17日(日)インドネシア・ジャカルタでの“Anime Festival Asia Indonesia 2014”など様々なイベントにも出演。詳細については公式サイト(http://www.harunaluna.jp/)をチェックしよう。


※「AnimagiC(アニマジック)」とは…

ドイツ・ボンで開催される、パリJapan Expo、バルセロナSalon del Mangaに次ぐヨーロッパ最大級規模のアニメコンベンション。集客数は3日間で約20000人。主催はドイツ現地アニメ誌のAnimaniA。1999年にドイツ・コブレンツで初開催後、集客数を伸ばし、2006年よりボンのベートベーンホールに会場を移して開催。今年で16周年を迎え、ドイツ国内と周辺の諸国に根強いファンのいるイベント。過去出演アーティスト実績はmiyavi、Plastic Tree、北出菜奈、Kalafina、いとうかなこ、藍井エイル、JAM PROJECT、Zweiなど。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング