ボカロPの“ねこぼーろ”が“ササノマリイ”として音楽活動をスタート

okmusic UP's / 2014年8月7日 0時0分

「戯言スピーカー」MV (okmusic UP's)

ネットを中心にボカロPとして活動してきた「ねこぼーろ」が、本人が自ら歌唱するアーティスト「ササノマリイ(sasanomaly)」として活動を開始する事を発表した。

【その他の画像】ねこぼーろ

ねこぼーろは、エレクトロニカをベースとしてロック・ヒップホップとの融合など独自の解釈で楽曲を制作し、発表してきた偉才の持ち主。代表曲「戯言スピーカー」、「自傷無色」はニコニコ動画など動画共有サイトで、多くのアーティストにうたわれている。

今回、ササノマリイ名義として発表される初の全国流通作品『シノニムとヒポクリト』は、10月15日にリリースを予定している。このリリースにあわせて、8月5日にオフィシャルHPがオープンし、アルバムに収録予定の楽曲「戯言スピーカー」のミュージックビデオが公開された。

「戯言スピーカー」は、優しげなメロディーに辛辣な歌詞が融合された楽曲で、ボカロ時代とは違う新たなアレンジと共に、マッチ箱を使ったストップモーション、アニメーションと本人がロトスコープにより出演した、異色の映像作品となっている。

■「戯言スピーカー」MV
https://www.youtube.com/watch?v=fx4rTzmI2b4&list=UUATc47qMk4n-_RJac1Nfp2w

■アルバム『シノニムとヒポクリト』

2014年10月15日(水)発売
¥1,800+税
<収録内容>
全8曲収録予定

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング