Suzuが女子高生100人と開催したCUPSイベントに芹那と広海深海も参加

okmusic UP's / 2014年8月20日 16時0分

Suzuと芹那、広海深海 (okmusic UP's)

今年メジャーデビューした沖縄県出身のシンガーソングライターSuzuが、2ndシングル「LOVE TO YOU -by CUPS-」のリリースを記念し、8月19日(火)に東京・千代田区の一橋大学一橋講堂で女子高生100人と「CUPS動画撮影会」を開催した。

【その他の画像】Suzu

「CUPS(カップス)」とは、プラスティックコップでリズムを取りながら、クラップを交えて歌を歌うパフォーマンスのこと。映画『Pitch Perfect』のプロモーションとして制作されたMV「Anna Kendrick-Cups-」がYouTubeで約1億5千万回転する大ヒットを見せ、人気に火が点いた。最近では、日本でも地上波番組で取り上げられたのをきっかけに、YouTube上にもたくさんのCUPS映像が投稿され、女子高生が学校や部活で遊びとして楽しむなど、密かなブームを呼んでいる。

Suzuは昨年プロデューサーのErik Lidbomとの共同作業のためにスウェーデンへ渡航した際にCUPSを知り、その楽しさに感動。練習を積んで、自身もライヴなどで特技として披露し始めた。今回の新曲「LOVE TO YOU -by CUPS-」は、そのCUPSをいち早く取り入れたものだが、もっと日本でも広めたいというSuzuたっての希望で今回の「CUPS動画撮影会」が開催された。この日のイベントには、スペシャルサイトで「Suzuと一緒にCUPSをやりたい」と応募して選ばれた女子高生100人が参加。また、SuzuのCUPSを広めたいという気持ちから始まった企画「SuzuのLet's CUPS」に賛同し、実際にCUPSに挑戦した広海深海が司会として、また芹那もスペシャルゲストとして登場した。

新曲「LOVE TO YOU -by CUPS-」のCUPS部分のリズムを自らも手がけたというSuzuは「CUPSを取り入れることになって『難しすぎてもいけないし、簡単すぎても飽きられちゃうから、その中間で作って下さい』と言われたのが一番大変でした」と苦労したエピソードを告白。また、芹那はCUPSについて「歌とダンスやってたから大丈夫でしょうって言われたんですけど、全然出来なくて。でも、何度も教えてもらったらだんだん出来るようになりました」と、広海深海は「最初は難しいかなと思ったんだけど、何回もやっていたら出来るようになって、達成感がありました」とコメントした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング