『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』主題歌はLinked Horizonの新曲「紅蓮の座標」に決定

okmusic UP's / 2014年8月30日 12時0分

11月22日(土)より公開の『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』 (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会(okmusic UP's)

2014年11月22日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7ほかにて公開の『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』の予告編がアップされ、TVシリーズに引き続き“Linked Horizon”が主題歌を担当することが明らかになった。


【その他の画像】『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』スクリーンショット

主題歌「紅蓮の座標」は、劇場版のために新たに描き下ろされた新曲となる。またEDテーマは、劇中音楽も手掛ける澤野弘之に決定しており、TVシリーズと同様、Linked Horizonと澤野弘之が「進撃の巨人」の世界観を音楽面から盛り上げる。このたびの楽曲起用について、Linked Horizon主宰のRevoは…

「あの『進撃の巨人』が劇場版になって帰ってくる!? この報せを聞いた時、いちファンとして非常に心躍りました。そして、いちクリエイターとしても魂が奮い立ったことを鮮明に憶えています。
リスペクトするこの作品に、また主題歌という形で関わらせて頂くことになったのですが、「チームの一員として、自分はこの作品に何をもたらすことが出来るのか?」という自問自答に、正面から向き合って作ったのが今回の新曲です。
アニメ放送が終わってからも、進撃が灯した焔は僕の中で燃え続けていました。今もなお燃えています。多くは語りません。思わず走って帰りたくなるような熱い楽曲に仕上がった、とだけ。是非、劇場で楽しんでくださイエェェェガァァァッ!!!」

…とコメントしている。

なお『劇場版「進撃の巨人」』では、新音響ダビングによる5.1chリマスターでの上映や、Blu-rayパッケージ用の完全マスター映像を再編集し、TVアニメを超えた臨場感を、音響面や映像で演出。総集編となるものの、未公開シーンも本編に一部追加されることが決定しており、訓練兵時代のエピソードが描かれるという。予告編が気になる人は今すぐコチラ(http://youtu.be/mChWV8srcyo)にアクセスしよう。

また、Revoのオリジナルプロジェクト“Sound Horizon”のメジャーデビュー10周年を記念したニューシングルとして、10月1日にリリースされる「ヴァニシング・スターライト」より、リード曲「よだかの星」のミュージックビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=zxtG72lLDaE)が公開中。こちらは、アニメ製作会社の神風動画が手掛けた、Sound Horizon史上初の全編アニメ―ションのMVとなっている。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング