水島精二監督と虚淵玄のタッグで贈る劇場作品『楽園追放 - Expelled from Paradise -』ゼロ号試写会レポ到着

okmusic UP's / 2014年9月12日 21時15分

『楽園追放 - Expelled from Paradise -』ゼロ号試写会登壇者一同集合写真 (C)東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ(okmusic UP's)

『機動戦士ガンダム00』の水島精二監督と『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄がタッグを組んだ初のオリジナル劇場作品として、2014年11月15日(土)より上映がスタートするアニメ『楽園追放 - Expelled from Paradise -』のゼロ号試写会が、9月11日(木)新宿バルト9 シアター9にて行われた。


【その他の画像】『楽園追放 - Expelled from Paradise -』より、場面写真

そこで今回は、水島監督、虚淵玄、主要キャストの声を務める釘宮理恵、三木眞一郎、神谷浩史、主題歌を歌うELISAが登壇し、盛り上がりをみせたという同試写会のレポートをお届けする。なお、『楽園追放 - Expelled from Paradise -』の予告編とキービジュアルが完成したほか、アニメのBlu-ray&DVDが12月10日に、劇場で購入可能なBlu-ray(劇場限定版)が11月15日より発売。また、ELISAが歌う主題歌を収録したシングル「EONIAN -イオニアン-」が11月12日にリリースされることも明らかになっている。

各情報の詳細については公式サイト(http://rakuen-tsuiho.com/)をチェックしよう。

--------------------------------------------------------

■『楽園追放 - Expelled from Paradise -』 ゼロ号試写会 レポート

日時:2014年9月11日(木) 20:45~21:25
場所:新宿バルト9 シアター9
登壇者:釘宮理恵、三木眞一郎、神谷浩史、ELISA、虚淵玄、水島精二

初めて一般の観客にお披露目となった本日のゼロ号試写会。水島監督が観客に「楽しんで頂けましたか?」と質問すると、一斉に拍手が鳴り響いた。監督にとっては初のオリジナル劇場作品となり、虚淵さんと初めてタッグを組んだ作品でもある本作。水島監督は「虚淵君と組めるのは、僕としては楽しい出来事だったので、僕らがゆっくりやっている間に先行して3Dアニメとか作られ、ましたが、そういう3Dの新しい表現を含めて一緒にできたのは幸せだった」と感想を語った。

虚淵さんにとっても初のオリジナル劇場作品となった本作。初のお披露目について心境は、「企画の発端から実現まで本当に長い時間かかった思い入れの深い作品です」と感慨深い様子。『魔法少女まどか☆マギカ』をはじめ、虚淵さんの手がける作品には“人の死“が関わる作品が多いが、本作については「俺だって人の死なない話を書くんだよ(笑)」と述べ、会場の笑いと歓声を誘った。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング