AK-69が新章幕開けとなるニューシングルをドロップ!

okmusic UP's / 2014年9月24日 15時45分

シングル「ロッカールーム-Go Hard or Go Home-」 (okmusic UP's)

“インディーズヒップホップアーティスト史上初”、”DVDチャートソロヒップホップアーティスト歴代最高位”など、快進撃を続けるAK-69。昨年12月リリースのベストアルバム、2014年2月~3月に開催した日本武道館を含むアリーナツアーを経て、遂に新章の幕開けとなるニューシングル「ロッカールーム -Go Hard or Go Home-」を9月24日にリリースする。

【その他の画像】AK-69

リードトラックである『ロッカールーム -Go Hard or Go Home-』はAK-69自身がそうであるように、”常に自分自身と闘っている”人々に向けて歌うアンセムとなっている。スポーツや仕事、テストや試合など誰しもが直面する勝負の前に、己を鼓舞する場所。そして、惜しくも闘いに敗れてしまった際にはその悔しさを噛み締める場所。その象徴とも言える“ロッカールーム”をイメージした楽曲である。

今作品は”映像”に重きを置いており、9月24日のCD発売日まで音源は一切公開しないという通常とは異なる手法で展開されている。楽曲を広める為に行なう先行試聴の代わりに、楽曲の世界観をより深く表す映像を公開し、楽曲に入るまでの言わば準備を促した。合計約50分にも及ぶ壮大な3つのストーリーは、通常のミュージックヴィデオを遥かに超えた”映画”である。それぞれ特設サイトで公開中なので、是非ともチェックしてほしい。

また、近年AK-69の楽曲を自身の登場曲・テーマ曲に起用するプロアスリートが急増しており、中でもプロ野球各選手の入場曲では数多くのアーティストの中でAK-69が最多。これはAK-69の放つメッセージが闘う人を鼓舞する内容として支持を得ている証しとも言えよう。「闘う男の登場曲 No.1 アーティスト」 =AK-69として、今作の歌詞の一部を抜粋して掲載した「リリックポスター」が新橋駅(9/22~)、名古屋駅(9/23~)、大阪駅(9/29~)、博多駅(9/23~)、天神駅 (10/1~)に各一週間掲示されるようだ。

ポスターには親交の深い中日ドラゴンズ「谷繁元信 選手兼任監督」のキャッチャー用プロテクター、プロボクサー「井岡一翔 選手」のグローブなど闘う男を表すアイテム、そして二人からの手書きのメッセージが掲載されており、闘う男たちのリアルな気持ちを代弁してくれる熱いものとなりそうだ。

そして、カップリング曲『NGY』は地元である名古屋(NaGoYa)を歌ったクラブチューン。地元をREPするHIPHOP色の強い楽曲である。こちらのミュージックビデオでは「名古屋をカッコ良く撮影する」をテーマに、多数の地元アーティスト達と共に、名古屋城や中心街である栄や錦の街並、さらには空撮映像まで。全てを地元名古屋で撮影した力作となっており、こちらも見応え十分な内容だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング