コブクロ、アコースティックツアー初日の北海道公演にて話題の新曲を披露

okmusic UP's / 2014年11月14日 12時30分

11月12日(水)@北海道・ニトリ文化ホール (okmusic UP's)

11月12日(水)、北海道・ニトリ文化ホールよりコブクロ初のアコースティックツアーがスタートした。

【その他の画像】コブクロ

真っ暗なステージ上に拍手で迎えられゆっくりと2人が登場。スポットを浴びながらステージから深々とお辞儀をし、ライヴがスタートした。初のアコースティク編成でのツアーと、ホール会場のお客さんとの近距離感に戸惑いと緊張を表しつつも、「2014年の締めくくりだと思って今回のツアーを頑張ります」と宣言し、一曲一曲丁寧で優しいライヴが進む。

ここ北海道では、夏からOAされていた北海道最大コンビニチェーンであるセイコーマートのCMソング「信呼吸」をライヴ初披露。全国のどこよりも、CMで聞きなれている北海道のファン達に最初に届ける形となった。2014年NHKソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソングとして、もはやコブクロを代表する名曲となった「今、咲き誇る花たちよ」では、アコースティックなのに力強いパフォーマンスに会場が湧く。MCタイムではお互いの衣装をいじりあったり、一緒に客席に横たわったりと、コブクロのライヴではおなじみの軽快なトークが弾んだ。

公開初日(11月8日)・2日目(11月9日)の土日集客人数1位を獲得し好評上映中の映画「トワイライト ささらさや」主題歌として、同日より配信をスタートしデジタルヒット中の新曲「Twilight」を、この日はアコースティックバージョンで初披露。楽曲制作の際、主題歌の話をいただいてから台本を読み、更にイメージを固める為に自身で男女の絵を書き、実際の情景を浮かべながら丁寧に楽曲を書いたというエピソードを添え披露されると、会場中が感動の渦に包まれた。

今回のツアーはお客さんとの距離感の近さが最大の魅力。おもむろに客席に下りる黒田に、お客さんが誕生日であることを告げると、小渕が指笛で「ハッピーバースデイ」を吹き、会場にいる全員で歌って祝ってあげるというサプライズもあり、ハッピーな空気に。「北海道最高でした!」と言い残し無事初日公演を終えた。

来年2015年のアリーナツアー(大阪・京セラドーム含む)もすでに決定しており、北海道は4月25日(土)、4月26日(日)の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで、今回に引き続きツアー初日公演として北海道からスタートする。

■【配信情報】

「Twilight」配信中
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id933721261?at=10l6Y8
■レコチョク
http://recochoku.com/w0/kobukuro_twilight

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング