大原櫻子、ソロ初のインストアイベントにファン500人超来場

okmusic UP's / 2014年11月27日 20時0分

11月26日(水)@タワーレコード渋谷店1 (okmusic UP's)

ティーンを中心に高い注目を集め、映画、音楽、ドラマ、さらには日本レコード大賞新人賞受賞と、今後の活躍に益々の期待が高まる大原櫻子。11月26日にリリースしたソロ名義での1stシングル「サンキュー。」(亀田誠治作詞・作曲・編曲)の発売を記念して、タワーレコード渋谷店1Fでフリーイベントを行った。

【その他の画像】大原櫻子

2014年最初に行ったソロイベント以来、約1年振りとなった会場は、あいにくの天候にも関わらず、遂にソロシングル発売となる大原櫻子を祝福しようと待ちわびた500名を越えるファンが集まり、1Fの売り場を埋め尽くす中でライヴはスタートした。

「一時間くらい前からたくさん集まって頂いていたって聞いてます。雨の中集まって頂きありがとうございます!」と会場を盛り上げると、1曲目は既におなじみとなりつつある映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』劇中歌の「明日も」からライヴがスタート。アカペラの歌い出しで始まった瞬間、会場は一瞬静まり返り、掛け声とともにバンド演奏が始まると会場は興奮の渦へ。

2曲目は映画『カノ嘘』のスピンオフシングルとして6月にリリースされた「頑張ったっていいんじゃない」、3曲目は、1曲目と同じく映画劇中歌で既にティーンの間では定番となりつつある「ちっぽけな愛のうた」。「寒くなってきたので、大切なひとを思い浮かべながら、歌詞に集中して聴いてください」との本人からの紹介もあり、じっくり聴き入るファン達。

4曲目はこの日に発売されたシングル「サンキュー。」のカップリング曲「オレンジのハッピーハロウィン」を披露。そして「ステージに出る前には、1stソロシングルが出る実感がなかったんですが、みなさんの顔を見てあらためて実感しています。レコード大賞新人賞を受賞しました! 小さい頃から見てる音楽番組なので、あの場で歌えることが本当に嬉しいです。いっぱい練習して、みなさんに感動を届けられたらいいなと思うので、ぜひ見てくださいね」とコメント。

「早いもので、次の曲で最後です! 今回シングルを出せるのを心待ちにしていました。昨年デビューさせて頂いて、こうしてCDを出せるのは、みなさんのおかげだと思っています。今日が私のスタートラインだと思っています。これからもいい歌を歌って、みんなに笑顔になってもらえるように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします! 今日こんな雨の中来てくださったみなさん、いつも応援してくださってるみなさんに、感謝の気持ちを込めて歌います」と思いを語り、最後に「サンキュー。」を披露し、大盛況のライヴは幕を閉じた。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング