フジファブリックの金澤ダイスケ、初の単行本『週刊金澤2007-2014』発売でトークライヴ&サイン会実施

okmusic UP's / 2014年11月28日 11時0分

単行本『週刊金澤2007-2014』 (okmusic UP's)

今年4月にデビュー10周年を迎え、11月28日(金)に日本武道館でワンマン公演を行うフジファブリック。そのキーボードの金澤ダイスケが、武道館公演日の11月28日に初の単行本『週刊金澤2007-2014』(発行:スペースシャワーネットワーク)を刊行する事を記念し、トークライヴとサイン会を開催することが決定した。

【その他の画像】フジファブリック

12月13日(土)15時(予定)からは、タワーレコード新宿店にて、『週刊金澤・タワーレコード出張版』と題し、『週刊金澤2007-2014』の目玉企画のひとつである金澤の故郷・茨城県大子町での撮影&インタビューを踏まえ、単行本に掲載しきれなかった爆笑エピソードなどなど秘蔵写真を見ながら金澤本人が語る。

トークライヴ終了後には、本人によるサイン会を開催。参加方法等イベント詳細はタワーレコードホームページ(http://tower.jp/store/kanto/Shinjuku)にてご確認を。なお、定員になり次第締め切りとなるのでお早目に。

また、12月16日(火)18時半(予定)からパルコブックセンター渋谷店にて行う『週刊金澤・パルコブックセンター出張版)』は、『週刊金澤2007-2014』のメインコンテンツである、スペースシャワーモバイルにて6年半にわたって連載されたコラムの執筆の思い出、単行本化の際の裏話などなど、『週刊金澤2007-2014』をより深く楽しめる金澤によるトークライヴを実施。

こちらもトークライヴ終了後には本人によるサイン会を開催。参加方法等イベント詳細はLIBROホームページ(http://www.libro.jp/)にてご確認を。定員になり次第締め切りとなるので、応募はお早目に。

なお、日本武道館公演当日は、会場にて購入した方限定で、紙製の特製ブックカバーがプレゼントされる。武道館限定の特別な仕掛けになっているので、要チェックだ。販売数には限りがあるので、終了の場合はご容赦を。

『週刊金澤2007-2014』の気になる内容は、2007年10月から2014年4月までスペースシャワーモバイルで約6年半にわたり連載していたコラム全339回の原稿全てを本人による加筆で再編集・再構成。自身の生い立ちとバンドの現在に至るまでの全てを語り尽くした超ロング・インタビュー、さらには、フジファブリックのメンバーによる金澤ダイスケ欠席裁判(?)、そして後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、YO-KING(真心ブラザーズ)など友人・ミュージシャン仲間との特別対談も掲載と盛りだくさん。表紙は『宇宙兄弟』等でおなじみの漫画家。小山宙哉先生による描き下ろしの金澤のイラストで、推薦文はスペースシャワーTVの番組で1年間共演した『熱血スペシャ中学』の先生、いとうせいこうが担当。フジファブリックのファンのみならず、すべての音楽ファンにおすすめとなる一冊となっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング