ハートフルなメッセージが届けられた『HY SKY Fes 2014~僕らはいつも繋がっている~』

okmusic UP's / 2014年12月1日 13時0分

11月29日(土)@うるま市与那城多目的球技場野外ステージ (okmusic UP's)

11月29日(土)うるま市与那城多目的球技場野外ステージで『HY SKY Fes 2014~僕らはいつも繋がっている~』 が行われた。


【その他の画像】HY

沖縄県うるま市にある地名“東屋慶名(ひがしやけな)"の英語の頭文字から「HY」と命名するほど故郷を愛するHYが、2011年12月に地元うるま市で初めて開催したフェスティバルが『HY SKY Fes 2011~僕らはいつも繋がっている~』だった。 「空はどこまでも繋がっている。どんなに離れても空を見上げれば僕たちはいつも繋がっているんだと思える。そんな空の下でひとつになれるフェスにしたいという想いで『SKY Fes』と名づけました」と、当時ヴォーカルの新里英之は話していた。 2006年から行っている「HeartY活動」などを通して“次の世代の子供たちに何を残せるのか"を考えてきたHYがこのフェスに託した想いとは…沖縄の美しい自然をどう残していくのかということ、子供たちの夢をあと押ししてあげること、そして受け継がれてきた沖縄の伝統芸能の大切さを多くの人たちに伝えていくこと…。このテーマのもとで2回目となる『HY SKY Fes 2014〜僕らはいつも繋がっている〜』が、11月29日(土)、うるま市与那城多目的球技場野外ステージで開催された。

開演前から集まっている人たちの笑顔からは、この日を楽しみに待っていたことがうかがえる。友達同士も、恋人たちも、家族連れも、幼子と手を繋いで会場に向かうおじいさんもいる。あらためて『HY SKY Fes』は地域密着参加型のフェスだと思った。

「WIND STAGE」では、今回のSKY Fesのオリジナルフラッグの制作が行われている。筆文字あーとの田場珠翠氏が書した「SKY Fes」の文字のまわりに、来場した人たちが思い思いにメッセージを書き記して完成するオリジナルフラッグだ。第1回目の時に、誰でも自由に言葉や絵を書いて作り上げたフラッグは、今もHYの宝物のひとつになっている。

13時。芝生エリアを中心に扇状に広がる「SEA STAGE」。司会者の呼び込みで最初に登場したのは、HY。「お集りのみなさん、ハイサイ! 想いをこめてこの曲を歌います」と言ってアコースティックセッションで歌われたのが「宝物」だった。〈君に会えてよかった…変わらぬ夢叶えようね 一緒に歩いていくんだ この先も〉 一緒に夢を叶えていこう、という歌のメッセージがフェスのテーマにも重なるこの曲から『SKY Fes』は始まった。「今日1日、みなさんにとって素敵な日にしていきましょうね」の言葉でステージを去った後、二百数十年前から受け継がれている伝統文化「天願獅子舞」が披露された。HYメンバー宮里悠平が、三線奏者として出演。獅子が玉をくわえて仁王立ちする獅子の姿に会場から歓声が湧きあがった。HYの他のメンバーもステージそでで興味深く見守っている。その姿を見て、「驚きがいっぱいあると思います。長く形を変えずに受け継がれている歴史ある文化や芸能は真剣に見入ってしまう力を持っていますから」とフェスの前に話してくれた新里の言葉を思いだした。 演奏後、宮里は「獅子舞を実際観るのは初めてだったので感激しました。演奏に夢中でほとんど観れなかったけど(笑)」と話していた。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング