清春、年内最後のライヴで2015年にアコースティックマンスリーライヴの開催を発表&新ビジュアル公開

okmusic UP's / 2014年12月3日 14時15分

12月2日@渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (okmusic UP's)

12月2日、東京・渋谷のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて〈PLUGLESS LIMITED『MARDI GRAS』清春 LOVENEST IN Mt.RAINIER HALL〉と銘打たれた清春のアコースティックライヴが催された。

【その他の画像】清春

彼のソロとしては、9月5日の新宿ReNYこけら落とし公演以来となる年内最後のライヴである。三代堅と中村佳嗣の2人のアコースティックギターと清春のヴォーカルのみによって構成される、ファンにはお馴染みのスタイル。彼の歌声を久しぶりにたっぷりと感じることのできる貴重な機会は、1部・2部ともに当然ながらソールドアウトとなった。

清春は11月27日にsadsでの年内最後の公演を水戸で終えたばかり。また、2日後の12月4日には、黒夢としてのラストロングツアーの後半戦〈TOUR 2014 BEFORE THE NEXT SLEEP VOL.2 毒と華〉の初日を郡山で迎えることになっている。黒夢とsadsにおける活動の充実もさることながら、ソロ・アーティストとしての彼の計り知れない生命力からも常に目が離せない。

1部では、久々にこのホールに戻ってきたオーディエンスの喜びと緊張の入り混じった表情が多く見受けられた。そんな光景の中、定刻の18時に場内は暗転。三代堅と中村佳嗣が大きな拍手で迎えられ、少し遅れて清春がステージに歩み出る。彼のシルエットが見えただけでさらに場内の空気が一変する。血の通った2本のギターの音と絡み合う唯一無二の歌声。“聴く”というよりは“歌に包まれる”ような感覚だ。

冒頭の数曲が披露されただけで、この会場が完全に清春の世界と化すのがわかる。生と死。光と闇。生身の人間が歌うということ。1曲奏でられた後の数秒間の余韻さえもとことん味わい尽くしたくなる。「僕も黒夢と同じでデビュー20周年なんで、今日1回でもやれてよかったと思ってます」とソロ公演をファンと共有することを噛み締める清春。ギターを手に取ることもなく、全編マイク1本で歌う彼を見ていると、歌い手としての覚悟がよく伝わってくる。「HORIZON」で幕を閉じた頃には時計は20時過ぎを指していた。

2部も定刻の21時に開演。1部のときも感じていたことだが、清春の声は歌えば歌うほどに深みを増してゆく。さまざまな歌の根底には、孤独に寄り添うような優しさが流れている。人生の旅路に迷ったときに彼の曲と歌詞を見つめ直せば、愛が溢れ出すだろう。また、特筆すべきは彼の歩みの中で生まれてきたソロ楽曲群の豊かさだ。黒夢・sads・清春の三者が興味深いバランスで共存する現在だからこそ、到達できる境地がある。急遽加えられた「RUBY」から「UNDER THE SUN」「涙が溢れる」に至るカタルシス。「メリークリスマス!」すべての楽曲を終えた清春は温かい表情でオーディエンスにしばしの別れの言葉を告げた。割れんばかりの拍手に対して、ステージを去り際の彼が思わず「もういいよ」と微笑むほどだった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング