BUCK-TICKの樋口豊、クリスマスにトーク&サイン会を開催

okmusic UP's / 2014年12月4日 15時30分

BUCK-TICK 樋口豊 (okmusic UP's)

現在、全国スタンディングツアー中のBUCK-TICKのベーシスト、樋口豊が自身の単行本『ユータ –A DAYS OF INNOCENCE-』の発売を記念して、自ら直接ファンへの感謝の気持ちを込めてのトーク&サイン会を聖なる夜のクリスマス(12月25日)に開催することを発表した。

【その他の画像】BUCK-TICK

本著『ユータ –A DAYS OF INNOCENCE-』は、ライヴではファンに手を振り、その親しみやすいキャラクターからは想像し難い程の山あり谷あり、紆余曲折しながら歩んできた半生を綴った1冊。そしてBUCK-TICK結成当初のストーリーを、当時スポークスマン的な役目を務めていた彼だからこそ知り得る事象が初めて明かされている。生まれ育った故郷、群馬県藤岡市や高崎市を訪れ、母校訪問やたむろしていた今井たばこ店(※BUCK-TICKギターリスト、今井寿の実家)などへも立ち寄っての撮影やインタビュー、子供時代や学生時代、そしてBUCK-TICK結成当初の秘蔵写真なども満載された、樋口豊という男の自伝本であり、BUCK-TICKという稀有なバンドのはじまりを改めて知ることの出来る貴重な1冊として話題を集めた。

トーク&サイン会の場所は、12月14日にBUCK-TICKのスタンディングツアーファイナル公演の舞台として予定されているZepp Tokyoの真上に位置する(2階)東京カルチャーカルチャーで行われる。数日前に行われたBUCK-TICKの熱いライヴの記憶を思い出しながら、ステージ上とはまた違った樋口豊に会えるまたとない機会である。単行本制作過程での裏話や、阪神タイガースの大ファンとしても有名な彼ならではの阪神タイガース面白講座、ユータへの質問コーナーなどを計画中とのことで、最高のクリスマスパーティーの一夜を準備しているとのことだ。


BUCK-TICKは、15年連続となる年末の日本武道館公演を12月29日に実施。そして全28公演に及んだ大規模な全国ツアー『TOUR 2014 或いはアナーキー』のファイナル公演となったNHKホールでのライヴの模様を完全収録した映像作品(DVD&Blu-ray)『TOUR2014 或いはアナーキー -FINAL-』を2月25日にリリースする。

■単行本『ユータ-A DAYS OF INNOCENCE-』発売記念 樋口豊(BUCK-TICK)トーク&サイン会

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング