『未来のヒットメーカー発掘プロジェクト』、たんこぶちんアルバム収録候補曲を公開

okmusic UP's / 2014年12月15日 12時0分

たんこぶちん (okmusic UP's)

次世代の作曲家候補の発掘を目的として「たんこぶちん」のミニアルバム収録楽曲を募集するコンペティション『未来のヒットメーカー発掘プロジェクト』。このたび応募作品2,051曲の中から、アルバム収録曲候補となるノミネート作品19曲を選出し、特設サイトにて公開した。

【その他の画像】たんこぶちん

当初は300~500曲程度の応募を想定していたが、スマホで鼻歌を録音した作品でも応募OKという気軽さや、ヤマハとの専属作家契約の可能性など、プロの作家を目指す方へのアピール等、幅広い活動層にむけて募集を呼び掛けた結果、予想を大幅に超える2,051曲もの楽曲が集まった。

多くの応募が集まったことに加えクオリティも非常に高く、ノミネート枠数を当初の“数組”から“19組”(音源応募18曲、楽譜応募1組)に増枠! ノミネート作品は、12月15日(月)より、特設サイトにて発表され、同サイトにてノミネート曲の音源(18曲)と楽譜応募作品(1曲)の楽譜も公開された。

■『未来のヒットメーカー発掘プロジェクト』特設サイト
http://musicrevolution.jp/hitmaker/

最終審査は「たんこぶちん」メンバー全員を交えてグランプリ曲を選出予定。審査結果(グランプリ1曲、優秀賞2曲を予定)は、2015年1月11日(日)に行われるヤマハが主催する日本最大規模のアマチュア音楽コンテストの頂点大会「The 8th Music Revolution JAPAN FINAL」にて「たんこぶちん」ボーカルMADOKAが速報発表する。JAPAN FINALの入場整理券(無料)やインターネット生中継については、Music Revolution公式サイトをチェックしてほしい。

ノミネート曲の選考については、レベルの高い曲が多く非常に難航したようだが、メロディーの力はもちろん、「たんこぶちん」の“アルバム収録楽曲候補”として、彼女たちが実際に演奏する姿や音源になるイメージを具体的に想像できることを前提に、現在の「たんこぶちん」をより輝かせてくれる楽曲、これからの「たんこぶちん」の新たな飛躍のきっかけとなりえるような楽曲という視点で実施された。

応募楽曲については、鼻歌、弾き語りや楽譜などの応募もあったが、多くはDAW(Digital Audio Workstation)で制作されており、中には既にアニメやアイドルへの楽曲提供実績があるフリーの作家の方達など本格派からの応募も見受けられた。応募者の年齢は15歳から67歳までと幅広く、DAWやボーカロイドを駆使して楽曲を制作・応募してきた60歳以上の方が複数人いたことなど、近年のアマチュア音楽シーンにおけるDAW層の厚みと広がりが如実に表れた結果となったようだ。さらに今回は審査基準を“メロディー重視(歌詞はなくても可)”としていたが、仮歌としてボーカロイドを使用されている方が予想外に多かったとのことだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング