sukekiyo、問題作『VITIUM』の全貌&ジャケットアートワーク解禁

okmusic UP's / 2014年12月15日 16時30分

ミニアルバム『VITIUM』【数量限定盤】 (okmusic UP's)

2月4日に1stミニアルバム『VITIUM』をリリースするDIR EN GREYのヴォーカリストである京のソロプロジェクト、sukekiyo。同作の収録内容およびジャケットアートワークがこのたび解禁された。

【その他の画像】sukekiyo

ラテン語で“異常な”“欠点”“過ち”といった意味を持つタイトルが付けられた本作は、京が“変態的趣味”“我が子を捨てる”といったテーマをもとに制作した楽曲も収められた問題作だ。今年の5月に行なわれた欧州ツアーと同タイトルの新曲「雨上がりの優詩」をはじめ、全9曲が収められており、心地よくもどこか奇怪な楽曲や、情緒豊かな歌謡曲テイストのナンバーなど、sukekiyoの描く独創的な世界に浸ることができる。

そして、収録曲と合わせて限定盤の詳細も公開。一般流通される初回限定盤には、『VITIUM』収録曲の“ボーカルコラボレーション"や1stアルバム『IMMORTALIS』のリミックスヴァージョンなど計4曲を収めたボーナスディスクが付属する。京の公式オンラインストア限定の豪華盤および初回盤は、アルバム本編がBlu-spec CD2となるほか、一般流通する初回限定盤に付属するCDと同内容に加え、2014年5月に行なわれた単独公演「sukekiyo 二〇一四年公演『別れを惜しむフリは貴方の為』」のライヴ音源などを収録したボーナスディスクが付く。さらに、限定盤にはBlu-rayも付属し、こちらには「雨上がりの優詩」「focus」のMV、2014年5月6日に京都・京都劇場で開催されたライヴ「sukekiyo 二〇一四年公演『別れを惜しむフリは貴方の為』」の模様、ドキュメンタリー映像が収録される。オンラインストア限定盤には多彩な特典も用意されるので、チェックしておこう。

ジャケットアートワークは、初回限定盤が京の横顔を、オンラインストア限定盤および通常盤がボルゾイ犬の横顔をフィーチャーしたデザインに。いずれも淡い色彩をベースに、どこか不気味な雰囲気をたたえたビジュアルに仕上がった。

また、アルバムのリリースに合わせてsukekiyoは、全5公演からなる対バンツアー「二〇一五年公演『The Unified Field』-双卵の眼-」と、東京と京都での単独公演「sukekiyo 二〇一五年公演「The Unified Field」」を続けて開催する。『VITIUM』を体感したい人は、ぜひ足を運んでみてほしい。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング