“アナ雪”の本家エルサ役、イディナ・メンゼルが第65回NHK紅白歌合戦に出演決定

okmusic UP's / 2014年12月25日 18時0分

イディナ・メンゼル (okmusic UP's)

今年、空前のヒットを記録したディズニー映画『アナと雪の女王』で“雪の女王”エルサ役(声の出演)を演じ、自らが歌った主題歌「Let It Go」でアカデミー賞最優秀主題歌賞を受賞するなど、一気に世界的なスターとなったイディナ・メンゼルが、第65回NHK紅白歌合戦に出演することが決定した。

【その他の画像】Idina Menzell

これまでに『レント』や『ウィキッド』などの人気ミュージカルで活躍しトニー賞受賞経験も持つ、米国の実力派ミュージカルシンガーで、世界的人気を誇るトップスターのイディナ・メンゼル。現在ブロードウェイでミュージカル公演に主演しているため、ニューヨークから「アナと雪の女王」スペシャルメドレーを披露するとのことだ。

また、イディナ・メンゼルは今年11月にキャリア初となるクリスマス&ウィンター・アルバム『スノー・ウィッシズ~雪に願いを』をリリース。マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」のカバーの他、日本でもおなじみの「レット・イット・スノー」などのクリスマスの定番曲、またイディナ本人が好きだったというジョニ・ミッチェルのクリスマス・ナンバー「リヴァー」、さらにマイケル・ブーブレとのデュエット曲「ベイビー・イッツ・コールド・アウトサイド [Duet with マイケル・ブーブレ]」などのウィンター・ソングが収録されている。さらに、日本だけのスペシャル・トラックとして、日本を代表するクリスマス・ソングとして絶大な人気を誇る山下達郎の「クリスマス・イブ」の英語カバーにも挑戦しており、オリジナル・バージョンよりややゆったりとして壮大なミュージカル風アレンジが大きな話題を呼んでいる。また、セリーヌ・ディオン「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」やマライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」など数多くのヒット曲を手がけ、1999年には「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」でグラミー賞最優秀レコード賞を、2000年にはグラミー賞最優秀プロデューサー賞を受賞した超大物プロデューサーであるウォルター・アファナシェフ氏がプロデュースを担当しているのも特筆すべきところだ。

イディナ・メンゼルは、2015年6月に初の来日公演も決定。日本武道館を含む東名阪3公演を行うことになっている。

■『スノー・ウィッシズ~雪に願いを』 60秒スポット
http://youtu.be/ZkUflxkBfHI

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング