SPYAIR、感動と熱狂の復活ライブにて約1年ぶりのシングルリリースを発表

okmusic UP's / 2014年12月31日 16時30分

12月30日(火)@Zepp DiverCity (TOKYO) (okmusic UP's)

2010年のメジャーデビュー以降の全14曲のシングルに加え、新曲2曲を収録したベストアルバム『BEST』が発売週のオリコンウィークリーチャート3位獲得と絶好調のSPYAIRが、ボーカルIKEの喉のトラブルによる全国ツアー中断以降約7カ月ぶりなる単独公演『SPYAIR LIVE 2015 ~復活~』を12月30日(火)Zepp DiverCity (TOKYO)にて開催した。

【その他の画像】SPYAIR

『BEST』のバックドロップが飾られたステージ。開演に際しての注意事項を影ナレがひとしきり読み上げると、最後に一言。「今日という記念すべき日にひと花添えるべくスペシャルゲストが駆け付けて来てくれております。なんとそのスペシャルゲストとは…俺だー!!!」と、その声の主AMEMIYAがオープニングアクトとしてステージに登場! おなじみのあのメロディーに“SPYAIRの復活"をテーマに書き下ろされた「IKEで焦りました」を熱唱。SPYAIRの歴史がユーモアたっぷりに盛り込まれた歌詞に場内大爆笑の渦と化し、のっけから会場をあたためた。

スモークで煙るステージ。激しいサイレンの音が鳴り響く。「OVERLOAD」のイントロとともに4人が姿を現すと、立て続けに「現状ディストラクション」「Rockn' Roll」とオープニングにふさわしい激しいロックチューンでステージは幕を開けた。
「東京! ただいまーーー!」
ボーカルIKEの声が場内に響きわたると復活を待ちわびていた場内は歓喜に満ち溢れた。

「12月30日僕たちSPYAIRの今年を締めくくるライブにこうやってみんな足を運んでくれて本当にどうもありがとう! ライブをやってない期間いろいろ考える時間がありました。…いままで支えてきてくれた人たちがこうやっていてくれるので、しっかりこれから自分ができることをやっていこうかと思います。この期間本当にさみしかった心を支えてくれたある1曲をいまからみんなに届けたいと思います。わかる人は一緒に歌ってください。それでは聞いてください。」とIKEがファンに向けての感謝の持ちを告げ、「BEAUTIFUL DAYS」を届けると涙ぐむファンも。

中盤はSPYAIRライブではおなじみのアコースティックコーナー。バンドの活動が止まっていた期間の裏話が飛び出したりと素のメンバーが垣間見れるトークが繰り広げられる中、IKEより来年の3月25日(水)にニューシングルがリリースされることが発表され、アットホームな雰囲気の中「My Friend」のアコーステックバージョンを披露した。続けて「0 GAME」「イマジネーション」といったシングル代表曲を畳みかけるように熱唱。「サムライハート( Some Like It Hot !! )」では大合唱が沸きおこり、「虹」で本編が終了した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング