TERU(GLAY)、レギュラー番組の20周年記念スペシャルイベント開催

okmusic UP's / 2015年12月5日 16時0分

bayfm「TERU ME NIGHT GLAY 20th Anniversary Special Live」 (okmusic UP's)

TERU(GLAY)が12月3日と4日の2日間にわたり、Zepp Tokyoにてパーソナリティーを務める番組の20周年を祝したイベント『bayfm「TERU ME NIGHT GLAY 20th Anniversary Special Live」』を行った。

【その他の画像】TRIPLANE

チケットの応募数が35000件を超え、2日間で2400人を動員した同イベント。年末ムードのライヴ会場、ロビーではTAKUROからの計らいで日本酒の樽酒が振る舞われた。

イベント2日目の前半はレギュラーラジオの公開録音を行い、会場に駆けつけた観客へTERUより「20周年イベントのためにお集まりいただきありがとうございます」とあいさつ。「信じる力、 TERU ME NIGHT GLAY」というタイトルコールと共に番組収録がスタート。番組独特のなごやかな雰囲気で収録は進み、アコースティックライヴの選曲やアレンジに関して明か した。

番組おなじみの「テルミー川柳!!」のコーナーでは恋愛にまつわる女性ユーザーからの川柳をTERUが自身の体験と共に読み上げられた。

その後は3つの条件を満たしたテルミーッ娘を探すという「テルミーウォンテッド」という会場参加型ゲームを実施。「千葉県在住」「左利き」 「彼女への思いを叫べる子」という3つの条件を満たした男性が一緒にライブに来た彼女に対してプロポーズ。見事に結ばれたカップル誕生などで 大いに盛り上がり、最後に再び「信じる力、TERU ME NIGHT GLAY!」のタイトルコールで締めくくられた。

後半のアコースティックライヴは、ボーカルをTERU(GLAY)、ギターをTAKURO(GLAY)、ドラムに小倉誠司(flumpool)キーボードに村山潤(FLOWER FLOWER)、パーカッションに広田周(TRIPLANE)、コーラスに江畑兵衛(TRIPLANE※4日公演のみ)、椎名慶治 (ex:SURFACE)という豪華メンバーに加え、ストリングを迎えた編成で進行。楽曲のセレクトは全てTERUによるもので、自身のレ ギュラーラジオで自分のルーツとなった曲として紹介したPERSONZやZIGGY、REBECCA、PRINCESS PRINCESS、UNICORN、ZI:KILL、BUCK-TICK、X JAPANの楽曲に加え、GLAYの代表曲「HOWEVER」等がアコースティックアレンジで披露された。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング