ビッケブランカ、映画『詩季織々』初日舞台挨拶で主題歌を披露

OKMusic / 2018年8月5日 17時0分

(okmusic UP's)

ビッケブランカが8月4日(土)、テアトル新宿にて開催されたアニメーション映画『詩季織々』の初日舞台挨拶で主題歌「WALK」弾き語りバージョンを初披露した。

当日は『詩季織々』上映後、リ・ハオリン監督、竹内良貴監督、坂泰斗(「陽だまりの朝食」主演)、大塚剛(「上海恋」主演)、そして主題歌「WALK」を担当したビッケブランカが登壇。最初に、一言ずつご挨拶。リ監督と竹内監督は緊張気味の中、初日を迎えた喜びと感謝を伝え、そして坂泰斗、大塚剛、そしてビッケブランカはなんと中国語での挨拶を披露。リ監督より、「皆さん、発音がとても上手。さすが声優さんたちは耳がいいですね。ビッケブランカさんは、耳もいいし、語学力に長けています」とお墨付きの褒め言葉を貰った。

中国でも1,000スクリーン以上の同時公開を迎え、リ監督は「この日本と同じタイミングで中国でも観て頂けるなんてとても不思議。これを機に中国文化とのコミュニケーションを取れたらと思います」と話した。そして、「10年前に『秒速5センチメートル』を観て心に衝撃を受けました。いつか優秀な制作会社と作品を作れたらと思っていましたが、その10年後に夢が叶い、皆さんに感謝しています」と思いを語った。その『秒速5センチメートル』にCGスタッフとして携わった竹内監督は、「そんな縁があり、10年後に中国作品に携わることになるとは思っていませんでした。良い経験になり、楽しかったです」と話した。

そして、舞台挨拶の最後にはビッケブランカが主題歌「WALK」を披露。「初めに<衣食住>がテーマだと伺って、映像を拝見して曲作りをしました。リ監督から『実は、衣食住だけではなく行(交通)があるんだよ』と教えて貰ったんです。行は動くことを司っているので、「WALK」に繋がっているなと思いました」と話した。初めての弾き語りバージョンの主題歌「WALK」。ピアノを弾きながら優しい歌声で会場を包み、涙を流すファンの姿も。会場中が、温かい気持ちになり、舞台挨拶が終了した。

この日中合作の話題のアニメーション『詩季織々』公開前から、中国の大手音楽配信サービス NetEase Cloud Music(網易雲音楽)のACG(Animation Comic Game)週間ランキング1位、日本では2ndシングル「夏の夢/WALK」がiTunes総合アルバムで3位を獲得するなど、日中で話題となっていた主題歌「WALK (movie ver.)」。歌詞と楽曲が、美しい風景描写や人間模様の情緒に色を添えている本楽曲のミュージックビデオでいち早く『詩季織々』の世界を感じることができるので是非チェックしよう。



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング