昭和~平成の歌謡曲&J-POPを豊かにした、洋楽の日本語カバー5選

okmusic UP's / 2019年2月25日 18時0分

(okmusic UP's)

4月1日に新元号が発表され、5月1日より新元号が施行。平成が終わりを告げ、いよいよ昭和が遠い昔に感じてしまう昨今ですが。最近、80年代ヒット曲について調べる機会があって、堀ちえみさん主演のドラマ『スチュワーデス物語』など、ドラマの主題歌を調べてたら、どれもが麻倉未稀による洋楽カバーであったことを改めて知り、YouTubeで端から視聴。さらに80年代~最近に至る、洋楽の日本語カバーについて調べたら、おもしろ楽曲含めて名曲が満載! ここでは海外の音楽を意図的と取り入れることで、より豊かになっていった歌謡曲&J-POPの歴史が見える5曲を紹介します。

■「What a feeling ~フラッシュダンス」(’83) /麻倉未稀

そもそも、この題材で書こうと思ったのが、80年代ヒットソングについて調べてたこと、そして、堀ちえみさんの舌癌報道(再起祈願!)を受けて、『スチュワーデス物語』について調べてたことだったのですが。当時はまだ小学生だった僕。この曲や『スクール☆ウォーズ』の主題歌である「ヒーロー」、『乳姉妹』の主題歌「Runaway」と、どれもが麻倉未稀による洋楽カバーであったことを改めて知り、「ああ、僕らはドラマの主題歌やテレビから流れる歌謡曲を通じて、自然と洋楽のメロディーや雰囲気を刷り込まれていたんだな」と再確認。そして、まだ現在みたいに日本の音楽が成熟していなかった時代、こうして洋楽を日本語カバーすることで、ジャンルも多様化していって、歌謡曲やJ-POPと呼ばれる日本独自の音楽文化が生まれていったのだなと理解しました。ちなみに「Runaway」は80年代に一世風靡したアメリカのハードロックバンド、ボン・ジョヴィの「夜明けのランナウェイ」のカバー。「夜明けのランナウェイ」とか、この時代に付けられた洋楽の邦楽タイトルも調べると面白い。

■「愛が止まらない ~ターン・イット・イントゥ・ラヴ~」(’88)/Wink

80年代後半、フジテレビ系ドラマドラマ『追いかけたいの!』の主題歌だった、この曲で大ヒット。フリフリの衣装で、無表情で歌い踊る不思議な魅力で人気を集めた2人組アイドル、Winkも洋楽カバーでヒット曲を連発。オーストラリアのシンガーソングライター、カイリー・ミノーグのカバーであるこの曲は、日本でもヒットしたため原曲を知る人も多いと思いますが。「涙をみせないで ~Boys Don't Cry~」「Sexy Music」など、彼女らの代表曲と言えるほとんどが洋楽カバーだったことはあまり考えることもなく、彼女らのオリジナルとして刷り込まれている人も多いはずだし、彼女らのキャラにばっちりと合った選曲センスも最高です! ちなみに“大魔神ポーズ”と呼ばれる独特の振り付けが今も真似される、「愛が止まらない」に次ぐ大ヒット曲となった「淋しい熱帯魚」は彼女らのオリジナル曲です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング