FIVE NEW OLD、新作EP『WHAT’S GONNA BE?』を掲げた初のアジアツアーについて語る

OKMusic / 2019年3月20日 18時0分

(okmusic UP's)

都会的な洗練されたセンスとバンドらしい泥臭さが同居し、心地良くも熱量の高いメロディ&グルーヴを奏でるバンド、FIVE NEW OLD。2017年に1st EP「BY YOUR SIDE EP」でデビューすると、翌18年にはメジャー1stアルバム『Too Much Is Never Enough』をリリース。日本での全国ツアーのみならず、タイのバンコクでのイベントに参加して称賛を浴びるなど、今勢いに乗る彼らが、このほど新EP「WHAT’S GONNA BE?」を発表した。4月から東名阪を含む初のアジアツアー開催を控え、一気にブレイクの可能性も感じさせるところで、彼らの醍醐味である“ライブ”の話を軸として、その現在地とバンドの展望について語ってもらった。

■パンクスのライブバンド精神は残っているのかな

――新EP「WHAT’S GONNA BE?」は良い意味でメジャー感がグッと出た印象を持ちましたが、メンバー内にそういった意識はありましたか?

HIROSHI(Vo,G):そうですね。お客さんと一緒にリズムで遊べるようなところや、口ずさみたくなるメロディを意識的に入れたりとかはありました。音楽を通して、よりコミュニケーションを取れる曲と言うんですかね。昨年、僕たちはワンマンツアーを経験して、タイなど海外にも行くようになったんですが、その中で“音が持っているコミュニケーションの力”みたいなものを強く感じてまして。そこで、より大きなフィールドでたくさんの人に聴いてもらうことを考えて、もっと音自体が持っている力にフォーカスした作品にしたいな、とは考えました。

――EPの1曲目「What’s Gonna Be?」などは、まさにそういう感じですね。“音の力”にフォーカスするにあたり、作曲の過程で普段と違う点はありましたか?

HIROSHI:いつもは僕とギターのWATARU(G、Key、Cho)で骨組みを作って、ある程度出来たら全員でブラッシュアップしていくという流れなんですけど、「WHAT’S GONNA BE?」EPに関しては、ちょっと違いましたね。ゼロイチの作業(曲の骨子を作る作業)は僕がやって、アレンジはWATARUに投げるという感じでした。だから今回は彼の色が強く出ていると思います。ツアーや現場での経験からWATARUもギタリストとして成長していたから、出てくるフレーズが今までと違ったりするな、というのは聴いてて面白かったですね。

WATARU:恐縮です(笑)。

――ライブを通しての成長というお話ですが、実際“自分たちはライブバンドだ”という意識はありますか?

WATARU:ライブバンド……だと思います。やっぱりもともとパンクシーンでずっとライブをやっていたので、ステージで叩き上げていくような泥臭い感じが根本にあって。音楽性こそいろいろ変わってきましたけど、そういうパンクスのライブバンド精神は残っているのかなと。

――あらためてライブというものに対するみなさんの考え方も聞いてみたいのですが?

HIROSHI:僕がライブを観て“いいな”と思うのは、たいがいCDとアレンジが変わっていたり、アグレッシヴさが増していたりするバンドです。音源で聴くとおとなしい印象だったのに、ライブになるとドラムがすごく力強く叩いていたり、ギターがすごく歪んでいたりして、もとの曲の印象をガラッと変えてくれるというか。そういう、“その場でしか味わえないもの”があるのがライブなのかなと思います。

――楽器隊のみなさんは、いかがですか?

HAYATO(Dr,Cho):僕はオーディエンスの笑顔だったり、涙だったり、シンガロングだったり……そういうのを見て、すごくライブってものを感じるときがあります。あと自分の体調によって、演奏に浮き沈みがあったりもするんですけど、そういうのも含めてライブを楽しんでいますね。

WATARU:僕の場合、端的にまとめてしまうと、会場の空気感みたいなものですかね。僕らの発するものとお客さんの発するものがぶつかってエネルギーみたいなものが生まれる場所というか。僕たちとお客さんの気持ちがウマく合ったときに出る会場全体のグルーヴ感みたいなものというか。自分の中では、それが“ライブ”なのかなとは思っています。

SHUN(B,Cho):ちょっと話がそれてしまうかもしれませんが、僕はGReeeeNにも関わらせてもらっているんですけど、GReeeeNのライブってステージに映像を流して展開するんですよ。収録された映像でも、日によって調子がいいなと思う曲やライブ全体の雰囲気が変わったりしていて。“この違いは何だろう?”とずっと思っていたんですけど、やっぱりその日のお客さんが作り出す空気なんですよね。ライブって自分たち(演者)のコンディションが日によって変わるということもあるんですけど、まったく同じものを観ても、日によって熱度とか空気感とか刺さり方が違うんです。

――ライブの雰囲気はアーティストとオーディエンスのコンディションが乗算されて出来上がる、という感じでしょうか?

SHUN:そうですね。演奏側にちょっとした失敗があると、それだけでも観ている人としては夢から覚めるような感じになるなと思っていて。そこで最後まで夢から覚めることのないように、みんなで空気を作っていくことがすごく大事で、それこそがライブの楽しさなんじゃないかなと、最近すごく思います。だからプレイヤーとしては毎回気持ちいいグルーヴを出せるように細かいところまで意識を回すとか……今までは勢いでやっていた部分もあったんですけど、そういう部分も緻密に構築することでお客さんがライブに没頭できるようになって、場の空気が作れるんじゃないかなと思ってます。

■いい意味でどこまでもみんなを翻弄できたらいいな

――新EP「WHAT’S GONNA BE?」の曲にしても、場の一体感を生み出すようなシーンが何度も訪れるように感じました。

HIROSHI:(曲の)「What’s Gonna Be?」はもうライブでやり始めているんですけど、お客さんがすぐに反応してくれるんです。本当に狙った通りに出来たなという感じがありますね。ライブの前にスタジオで合わせていたとき、自分たちの中の「What’s Gonna Be?」のイメージを一体化させないといけないというのをすごく感じていて、“ズン・タタ・ズン・タン〜”という基本のリズムを4人それぞれがどう取っているのか、というのを確認するところから練習を始めたんですよね。

HAYATO:もうめっちゃくちゃシュールな光景でしたよ(笑)。

HIROSHI:そう(笑)。“ウン・パパ・ウン・パン”って手拍子をやってみたりしても、意外と“パパ”のやり方に違いがあったりして。だから、“ここのハマりが悪い!”と思ったところを1つひとつ直して、構築していくようにしました。これでお互いの個性や癖がさらに見えてきたので、“彼の癖を活かすところはここ”とか“みんなで一枚岩になるところはここ”とか、そういうポイントもすごくわかってきて。そういう意味で「What’s Gonna Be?」を作ったことで、ライブでどういうことを表現したいかが新たに見えてきた部分もあります。

――昨年はタイのイベントにも参加しました。海外のライブ経験が日本のツアーで活きたことはありますか?

HIROSHI:タイでやってみて、あらためて思うのは日本のライブハウスの環境の良さです。自分たちは、これまですごくやりやすい環境でやってきたんだなというか。でも、環境が悪いからといって、タイのアーティストたちが悪い演奏をしているわけではまったくないし、むしろびっくりするくらいウマくて、いい音を出して、いい音楽をやっています。だから今年4月のアジアツアーでは、環境に左右されないライブ力をより身につけて帰って来られるのかなと、みんなで話をしていて。自分たちのルールではウマくいかないことも絶対出てくると思うので、その中でも大切な部分を変えないで、自分たちの音楽表現をちゃんとできるようにしていければなと。日本でツアーを迎えたときにやれることの幅が広がっていたらいいですね。そういう話はメンバー内でよくするし、まだまだ話し足りないなとも思っています。

――5月の東名阪公演に際して、“ここを聴け・ここを観ろ”というポイントを1人ずつ教えてください。

WATARU:僕はライブでギターだけじゃなくて、キーボードだったりサンプラーだったりも使っているので、わりと忙しいステージワークをしているのが見どころなのかなと。あと、新曲の「Please Please Please」は、CDだとソロでフェードアウトして終わるんですが、ライブだとその部分が何倍にも長くなって、一生弾き続けるんじゃないかという感じだと思います。そういうところもライブでは楽しんでもらいたいですね。

HAYATO:僕の場合、すごく細かいところなんですけど、最近ドラムスタイルを変えたので、昔からのファンの方がそこに気づいてくれたらうれしいですね。ロック系ドラミング一辺倒だったのが、そうじゃない演奏もするようになったというか。もっと全体を見て強弱をウマく使えるライブドラマーになりたいというのがあるので、そう思ってもらえたらすごくうれしいです。あと派手な曲は派手にいくので、そこは見てほしいですね。

――SHUNさんとHIROSHIさんはいかがですか?

SHUN:ベースは失敗したら目立つけど、失敗しなかったら目立ちづらい楽器なんです。だからまあ目立たないようにして、WATARU君のソロと、HAYATO君のスティック回しと、HIROSHI君の歌声にみんなの目が行くようにしっかり演奏したいと思います。“ああ、そう言えばいたな”と思われたら勝ち、みたいな。そこが見どころです(笑)。

HIROSHI:僕はみんながいてくれるからこそ、自由にやり切るだけだと思っているので、いい意味でどこまでもみんなを翻弄できたらいいなと。自由と言っても自分たちが培ってきたものは見失わないようにして、“ここぞ”というときに、その自由さを出せるようにしておく。そんなところを目指して今年のツアーはやっていきたいなと思っています。

取材:大久保徹

【ライブ情報】
■アジアツアー日本公演
5月18日(土) 大阪・梅田 CLUB QUATTRO
5月23日(木) 愛知・名古屋 CLUB QUATTRO
5月25日(土) 東京・マイナビ BLITZ赤坂
※一般発売:3月31日(日)10:00〜

■『VIVA LA ROCK 2019』
5月04日(土・祝) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ

◎ライブ情報の詳細はこちら
https://fivenewold.com/contents/live

EP『WHAT’S GONNA BE?』

2019年3月13日発売



TFCC-89669/¥1,300+税



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング