BUMP OF CHICKEN、あいみょん、フジファブリックなど7月リリースの11作品を紹介

OKMusic / 2019年7月29日 17時30分

フリーマガジン『music UP's』vol.177(7/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、7月リリースの11作品を紹介!

1.『aurora arc』/BUMP OF CHICKEN
2.『ワンダー』/そらる
3.『The LIFE』/楠田亜衣奈
4.『人間なのさ』/Hump Back
5.「真夏の夜の匂いがする」/あいみょん
6.「ゴールデンタイム」/フジファブリック
7.『Our Secret Spot』/the HIATUS
8.「ハローフィクサー」/10-FEET
9.「宇宙の記憶」/坂本真綾
10.『おはこ』/柴田 淳
11.「模様」/Ivy to Fraudulent Game

『aurora arc』/BUMP OF CHICKEN

Album 7/10 Release



TOY'S FACTORY
【初回限定盤A(DVD付)】
TFCC-86679 ¥4,500(税抜)
【初回限定盤B(Blu-ray付)】
TFCC-86680 ¥5,500(税抜)
【通常盤】
TFCC-86681 ¥3,000(税抜)

2016年発表の配信限定シングル「アリア」以降の楽曲がベスト盤のごとくボリューミーに収められていることもあり、改めてBUMP OF CHICKENの凄みを実感する3年5カ月振りのアルバム。アコギとアコーディオンを疾走感あふれるバンドサウンドに織り交ぜた「月虹」、心の在り処を見つめ直すような「ジャングルジム」、《ベイビーアイラブユーだぜ》と歌ってのける爽快なラブソング「新世界」など、どの曲も素晴らしい!
TEXT:田山雄士

『ワンダー』/そらる

Album 7/17 Release



Virgin Music
【初回限定盤A(DVD付)】
TYCT-69151 ¥2,700(税込)
【初回限定盤B(DVD付)】
TYCT-69152 ¥2,700(税込)
【通常盤】
TYCT-60142 ¥2,160(税込)

ソロ活動10周年を迎え、シングル「銀の祈誓」「ユーリカ」をはじめとする多数のアニメやドラマのタイアップを獲得してきたそらる。その集大成となる3rdアルバムでは、共作を含めた全曲の作詞を自身が手掛けている。ライヴ会場を想起させる「アンサー」をはじめ、彼の心境が綴られた楽曲たちに込められているのは、深謝と未来への誓い。その真情を受け取り、11月のバースデーライヴで体感してほしい。
TEXT:小町碧音

『The LIFE』/楠田亜衣奈

Album 7/17 Release



VAP
【初回限定盤A(Blu-ray付)】
VPCG-80699 ¥5,000(税込)
【初回限定盤B(Blu-ray付)】
VPCG-80700 ¥5,000(税込)
【通常盤】
VPCG-83538 ¥3,300(税込)

声優、ソロアーティストとして幅広く活躍する楠田亜衣奈の通算5枚目のアルバム。“ひとりの女性の人生の物語”をコンセプトにした今作には、小学生の頃を振り返る「きっとずっと」、旅行前の高揚感を歌にした「トラベルガール!」、《物語は自由に》と前向きに歩んでいく「my own story」と、自身が作詞を手掛けた楽曲も収録。何気なく過ごす日々が大切に思え、自分に置き換えられる場面にも出会えるはず。
TEXT:小町碧音

『人間なのさ』/Hump Back

Album 7/17 Release



林音楽教室
【初回生産限定盤(DVD付)】
VPCC-80701 ¥ 2,800(税抜)
【通常盤】
VPCC-86281 ¥2,200(税抜)

全ては歌から始まる。そして、その歌が目の前のどんな小さなことも掬い上げる日々の問い掛けから生まれる限り、彼女たちが変わることはない。等身大という言葉が相応しいメジャー1stフルアルバムだ。ライヴハウスで獲得してきた支持がさらなる広がりを見せることは必至のタイミングで、大阪の3ピースガールズバンドがギターをかき鳴らしながら、そう思わせる作品を作り上げたことにこそ、大きな意味がある。
TEXT:山口智男

「真夏の夜の匂いがする」/あいみょん

Single 7/24 Release



unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN
WPCL-13070 
¥1,000(税抜)

石原さとみ主演のドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の主題歌として書き下ろした新曲。軽快なカッティングギターとふわふわしたシンセフレーズに乗せて《真夏の夜の匂いがする》と始まり、ムワッと湿気を帯びたそれに惑わされていると、耳に飛び込んでくるのは《もっと自由に》と高らかに歌う印象的なサビ。天国か地獄か? 真夏の夜の迷宮に迷い彷徨うような感覚が何とも心地良い新感覚の夏ソング。
TEXT:フジジュン

「ゴールデンタイム」/フジファブリック

Single 7/24 Release



Sony Music Associated Records
【初回生産限定盤(DVD付)】
AICL-3725~6 ¥2,000(税抜)
【通常盤】
AICL-3727 ¥1,200(税抜)
※通常盤初回仕様:
 アニメ絵柄デジパック仕様

表題曲「ゴールデンタイム」、カップリングの「O.N.E」ともにタイアップソングながら、前者のトリッキーなアレンジや、後者の大阪弁の歌詞という遊び心も彼ららしいロックナンバーに。肩に力を入れず、楽しみながら作ったことがうかがえる。そして、その2曲がどちらもアップテンポでアンセミックというところがいいじゃないか。そんな今作をステップにデビュー15周年のアニバーサリーイヤーを駆け抜ける!
TEXT:山口智男

『Our Secret Spot』/the HIATUS

Album 7/24 Release



EMI Records
UPCH-20519 
¥2,400(税抜)

前作から3年、結成10周年のタイミングで出る6thアルバム。アコギ、ピアノ、プログラミングを含むバンド編成を敷きつつ、今作は細美武士(Vo&Gu)の歌によって焦点を絞り、抑制を効かせたメロディーラインが静かに語り掛けてくる。刺激や派手さとは無縁の、グッと大人びた曲調は一音一音のフレーズに自然と耳を傾けたくなる心地良さ。音数を詰め込まず、余白の多い引き算のサウンドにも惹き付けられる。
TEXT:荒金良介

「ハローフィクサー」/10-FEET

Single 7/24 Release



EMI Records
【完全生産限定盤(DVD+GOODS付)】
白:UPCH-89409 ¥2,300(税抜)
黒:UPCH-89410 ¥2,300(税抜)
蛍光黄緑:UPCH-89411 ¥2,300(税抜)
蛍光ピンク:UPCH-89412 ¥2,300(税抜)
※"10-FEETロゴ・シューレース”付
【完全生産限定盤(DVD付)】
UPCH-89413 ¥1,800(税抜)
【通常盤】
UPCH-80518 ¥1,000(税抜)

4日間に渡って行なった自身主催のフェス『京都大作戦』も大成功させ、今夏も全国のフェスを沸かす10-FEETの約2年振りの新曲。最新型ミクスチャーサウンドと言えるタイトル曲は、フルートの音色が美しいジャジーなイントロから、地獄に叩き落とすヘヴィな轟音へ一変。バンドサウンドを軸にサビ、間奏と曲が進むごとにさまざまな音が加わり、痛快かつ混沌とした世界観を生み出している。カップリング含め、ライヴが楽しみだ。
TEXT:フジジュン

「宇宙の記憶」/坂本真綾

Single 7/24 Release



FlyingDog
VTCL-35303 
¥1,512(税込)

TVアニメ『BEM』のOPテーマとなった表題曲は椎名林檎がプロデュース。作詞、作曲、編曲を彼女が担当した異色のコラボ作で、管楽器が華やかにスイングするサウンドが新たな魅力を引き出している。澄んだ歌声とドラマチックな世界がイマジネーションを広げる「序曲」は自身が作詞作曲を手掛けており、the band apart のトリビュートアルバムに収録のカバー曲「明日を知らない」のオーガニックな質感など多彩な一枚だ。
TEXT:山本弘子

『おはこ』/柴田 淳

Album 7/24 Release



ビクターエンタテインメント
【初回限定盤】
VICL-70242 ¥4,000(税抜)
※EPサイズジャケット仕様
※高音質SHM-CD
【通常盤】
VICL-65030 ¥3,000(税抜)

話題を呼んだ『COVER 70's』以来7年振りのカバーアルバムは、日本人に歌い継がれてきた昭和の大ヒット曲がずらり。オリジナル発売時期も1959年から1984年までと幅広く、演歌から歌謡曲、ポップスまで幅広くセレクトされているが、1曲目の「魅せられて」から柴田節。数々の歌手にカバーされてきた「遠くへ行きたい」も彼女が歌うと北の方角が浮かぶ。個性がぶれないシンガーの証ここにあり!
TEXT:山本弘子

「模様」/Ivy to Fraudulent Game

Single 7/24 Release



Getting Better Records
VICL-37489
¥1,000(税抜)
※完全生産限定盤

3rdシングルは、TVアニメ『トライナイツ』のエンディングテーマに提供した「模様」に、硬質のロックサウンドと演奏の熱気を伝えるライヴ音源5曲をカップリング。その表題曲はバンドのチャレンジを印象付けるバラードナンバーで、ピアノとストリングスをフィーチャーした繊細なアレンジを含め、リリカルな表現を追求しながら、“心に受けた傷が人を強くする”というメッセージが胸を打つ。
TEXT:山口智男



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング