ブリット・フロイド、初の日本公演に向けたトレーラー映像を解禁

OKMusic / 2019年12月26日 12時0分

写真

(okmusic UP's)

2020年2月26日(水)より初来日を果たすブリット・フロイドのトレーラー映像が公開された。

ブリット・フロイドは英ロック・バンド、ピンク・フロイドのトリビュート・バンドとして2011年に英リヴァプールでスタートしたエンタテイメントショウ。斬新な映像と最新技術を駆使した照明及びレーザー演出で、これまでに世界各国で1000回以上も公演を行い、200万人以上を動員。世界屈指の人気と実力を誇るピンク・フロイドのトリビュートバンドだ。

2月に行われる初来日公演は、2019年に英国でスタートしたアルバム『ザ・ウォール』40周年記念ワールドツアーの一環で、日本は最終公演地となる。コンサートでは『ザ・ウォール』の楽曲に加え、アルバム『おせっかい(1971)』『狂気(1973)』『炎〜あなたがここにいてほしい(1975)』などの名盤の収録曲も披露されるグレイテストヒッツ構成になる。日本公演のセットリストの一部も明らかにされた。

また、ブリット・フロイド 来日公演に寄せ、ピンク・フロイドのライナーノーツや関連著書の執筆で知られるプロデューサー・立川直樹からのコメントも到着。ピンク・フロイドのトリビュートショウ、ブリット・フロイド初来日公演のチケットは各プレイガイドにて発売中!

■ブリット・フロイド 日本公演HP
http://www.promax.co.jp/britfloyd

■【立川直樹 コメント】

ピンク・フロイドは歌舞伎やフェリーニの映画のように、構築美と様式美を極めたバンドだ。
そして歌舞伎で言うところの“家の芸”・“型”を持っている。ブリット・フロイドは、それを十分にわかった上で、ピンク・フロイドの演目をライヴ・エンタテインメントに仕立て上げた。
だからこそ価値がある。
“コピーバンド”などという安っぽい言い方などから遠く離れてブリット・フロイドは、ほぼ完璧にピンク・フロイドの世界を構築し、演じて見せてくれる。公演が本当に楽しみだ。

『〜The World's Greatest Pink Floyd Tribute Show〜
Brit Floyd “40 YEARS OF THE WALL” In Japan 2020』

2月26日(水) 東京・中野サンプラザ
2月27日(木) 東京・中野サンプラザ
2月28日(金) 東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

<出演>
Brit Floyd - The World's Greatest Pink Floyd Tribute Show
※PINK FLOYDメンバーの出演はございません。

<チケット>
全席指定 9,900円(税込)
チケット一般発売中!各プレイガイド、およびディスクユニオン 新宿プログレッシヴロック館にて!
・e+(イープラス) https://eplus.jp/britfloyd/
・チケットぴあ  https://w.pia.jp/t/britfloyd/ TEL:0570-02-9999 (Pコード:171-680)
・ローソンチケット https://l-tike.com/britfloyd/ TEL:0570-084-003 (Lコード:71696)
・ディスクユニオン 新宿プログレッシヴロック館 (3F) 東京都新宿区新宿3-31-4 山田ビル3F

■ブリット・フロイド 日本公演HP http://www.promax.co.jp/britfloyd
■Brit Floyd Official HP https://www.britfloyd.com

【ブリット・フロイド 来日公演・演奏予定曲目/収録アルバム】

吹けよ風、呼べよ嵐/おせっかい(1971)
タイム、虚空のスキャット、マネー/狂気(1973)
クレイジー・ダイアモンド、あなたがここにいてほしい/炎~あなたがここにいて欲しい(1975)
アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パート2)、コンフォタブリー・ナム/ザ・ウォール(1979)




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング