サイダーガール、TVアニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』エンディングテーマを担当

OKMusic / 2020年5月27日 21時0分

写真

(okmusic UP's)

サイダーガールが7月から放送されるTVアニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』のエンディングテーマを担当することが決定した。

3月から開催予定だった全国ワンマンツアー『サイダーガールTOUR2020 サイダーのゆくえ-SPRING HAS COME-』が、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言延長に伴い、全公演が開催延期となったサイダーガール。今回、追加公演として予定されていた、東京・LINE CUBE SHIBUYAでの公演と同日同時間より(5月27日 19:00スタート)、音楽サブスクリプションサービス・Spotifyを介して、オンライン上でメンバーとファンが集い、本公演で予定されていたセットリストを“リアルタイム"で聴くイベントを実施した。

この幻の追加公演ラストにて、メンバーより当作品のエンディングテーマを担当することが発表されたのだ。なお、この楽曲の発売に関しては未定となっている。

■【サイダーガール コメント】

■Yurin(Vo&Gt)
今回、素敵な作品に携われてとても光栄に思います。学生の頃、クラスの友達と「ソウルイーター」を読み、ワクワクしていたのを今でも覚えています。大久保篤先生のお話や、キャラクターデザインのお洒落なポップさにとても惹かれます。
「炎炎ノ消防隊」の登場人物達は真っ直ぐで、でも少し不器用なところもあり、森羅ならどこまでも諦めずに泥臭く生きていけるんだろうなと、そういう人間の弱くも強い部分をイメージして曲を作りました。
エンディングテーマとして、次の話が楽しみに、そして希望を持って明日に進めるような曲になっていきますように!



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング