RINA、世界デビューアルバム『RINA』のリリースが決定

OKMusic / 2020年7月10日 12時0分

写真

(okmusic UP's)

ジャズピアニストのRINAが、9月2日(水)にリリースするアルバム『RINA』で世界デビューすることを発表した。

世界的ピアニスト小曽根真のプロデュースでデビューする彼女。小曽根真が国立音楽大学在学中からその才能を高く評価し、バークリー音楽大学を経てニューヨークで活躍している。

そんな彼女のデビューアルバム『RINA』では、ドラムスにクリスチャン・マクブライド・トリオ、クレイグ・ハンディ、ポーラ・ウェストのドラマーを務めるジェローム・ジェニングス。ベースには今や最重要ベーシストとなった中村恭士とニューヨーク・ジャズシーンでもトップクラスのふたりのミュージシャンがサポート。彼女の「日常」から生まれた初々しくも美しいメロディが9曲収録されている。優しく、繊細でいて、時には力強いプレイを披露する現在の「心の姿」を伝える一枚となっている。プロデューサーである小曽根真は「トラディショナルなジャズを自在に楽しめる実力をベースに、自由奔放な独自の世界観を表現できるピアニスト」とRINAの才能を評価した。

今回の発表に合わせて、アルバム収録曲「Shadows Of The Mind」のMVが公開された。ぜひ、映像からも彼女の音楽を楽しんでみてほしい。

アルバム『RINA』

2020年9月2日(水)発売



YCCS-10089/¥2,800(税別)
<収録曲>
M-1 Tale Of Small Wishes(※)
M-2 Shadows Of The Mind
M-3 Journey
M-4 With You, Always
M-5 Foxglove
M-6 Eternal Eyes
M-7 J.J's Painting
M-8 Run And Rise
M-9 Hope(※)
(※)ピアノ・ソロ曲



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング