松尾太陽、ミニアルバム『うたうたい』より「掌」のリリックビデオを公開

OKMusic / 2020年9月1日 19時15分

写真

(okmusic UP's)

9月2日(水)にソロデビューを果たす松尾太陽が、1stミニアルバム『うたうたい』より「掌」のリリックビデオをYouTubeにて公開した。

同曲は、各種ストリーミング&ダウンロードサービスでは既に先行配信されているが、公式YouTubeにてフル尺解禁されるのはリード曲の「Sorrow」に続き、これが2作目。彼の“うたうたい”人生にとって重要な1曲に描かれた真摯なメッセージを、何気ない日常の風景に乗せて、鮮やかに届けてくれている。さらに、2019年に行われたソロライブ『Utautai』のために、松尾が生まれて初めて作詞・曲を手掛けたナンバーで、アルバム収録にあたり大幅ブラッシュアップしたもの。大阪から上京してきた自身の経験をベースに、悩みながらも新たな道を踏み出そうとする人々へ向けた、メロディアスで温かい応援ソングとなっており、“この曲で誰かの手助けに、支えになりたい”という彼の想いが込められている。

今回、公開されたリリックビデオは、夜の雑踏から樹々に花々といった自然の風景、美しく澄んだ青い空、そして太陽へと掌をかざす松尾を映した映像に、彼の直筆歌詞が現れるという構成。これまで彼が歩いてきた道のりや葛藤、そこから生まれたポジティブなメッセージを、視覚と聴覚の双方からダイレクトに伝えてくれる。中でも“太陽が味方だから”というフレーズは、“松尾太陽”という本名と相まって、ダブルミーニングで胸に迫るものに。曲の最後では“僕は歌い続ける”という決意表明もなされ、その力強い歌声に心震わせられること必至だ。

自身の音楽ルーツである“City Poos”をテーマに、大塚愛や堂島孝平らのビッグネームも楽曲提供している全6曲収録のミニアルバム『うたうたい』は、9月2日(水)にいよいよ到着。シンガーとして松尾太陽が新たに踏み出す一歩から、エンターテイメントに対する彼の覚悟を感じてほしい。

ミニアルバム『うたうたい』

2020年9月2日(水)発売



ZXRC-2069/¥2,300+税
<収録曲>
1.mellow.P
2.The Brand New Way
3.掌
4.Sorrow
5.libra
6.Hello



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング