BLUE ENCOUNT、ニューアルバム『Q.E.D』のリリースが決定

OKMusic / 2020年9月10日 23時0分

写真

(okmusic UP's)

熊本出身の超共感型ロックバンドBLUE ENCOUNT(通称ブルエ)が、11月18日(水)に彼らの4枚目なるフルアルバム『Q.E.D』をリリースすることを発表した。また、新アーティスト写真も公開されている。

彼らのメジャーデビュー記念日となる9月10日(木)0:00からオフィシャルYouTubeチャンネルでは、「#ブルエンPM8」と名付けれた謎の映像がオンエアされ続けていたが、20:00にニューアルバムの告知に切り替わった。同時に公開となった新アーティスト写真の撮影の際の海岸でスーツ姿に見を包んだ映像とともに新作の発表が告知されている。アルバムは2018年にリリースされたアルバム『VECTOR』以来、2年8カ月振りとなる。今回は完全生産限定盤、初回生産限定盤、通常盤の3形態のリリースとなり、収録詳細は後日発表される。

さらに9月10日(木)から9月30日(水)までに新作を予約すると、早期予約特典として『「Document of STAY HOPE」視聴カード』がプレゼントされる。この映像は7月10日(金)に行われたバンドとして初となった無観客配信ライブ『STAY HOPE』が行われるまでのドキュメンタリー映像。緊急事態宣言の発令後、開催予定だった全国ホールツアー『TOUR2020 blue bird』が全公演中止となった中、何を考えその日を迎えたのか?  メンバーのみならず普段表には出ることのないスタッフのインタビューも盛り込んだ、当日までのドキュメンタリー映像となっており、ファンならずとも必見の内容になっているのて、この機会に予約をしてみてはどうだろうか。

アルバム『Q.E.D』

2020年11月18日(水)発売



【完全生産限定盤】(CD+DVD+グッズ)
KSCL-3270〜72/¥4,700(税別)
【初回生産限定盤】(CD+Blu-ray)
KSCL-3273〜74/¥4,700(税別)
【通常盤】(CD)
KSCL-3275/¥2,800(税別)

※収録内容等の詳細は後日発表



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング