【転職の悩み】もらった内定は辞退してもいい?

ORICON NEWS / 2017年7月18日 8時0分

内定を辞退しなければいけない場合の対処法を伝授

 転職活動期間は、短いに越したことはありません。自分にとって、できるだけ理想に近い転職を実現するためには、じっくりと準備を進めることが望ましいものです。しかし、現職で働きながら転職活動をすると、時間的に融通が利かないので大変です。だからといって、退職してから転職活動を進めると、今度は収入や身分が不安定になります。万が一活動が長期化した場合は、「キャリアロス」も心配になってきます。

転職口コミ情報はどこまで信じていい? 上手な口コミの利用法

 そこで、限られた期間内で効率的に転職活動を行うには、複数の会社に同時並行でエントリーするという方法があります。しかし、並行して転職活動を進めていくと、面接時に「ここはちょっと事前のイメージと違うな」と感じた会社から内定をもらったり、本命企業から返事待ちの状態で別の会社から内定をもらったりしてしまうという可能性も考えられます。このように、辞退しなければいけない内定が発生した場合は、どのように対応すればいいのでしょうか?

■内定辞退は「失礼」にあたるか?

 本来であれば、求人に応募するということは「この会社に入社したい」という意思を持って採用のお願いをしているのと同じことですから「内定をもらったら受諾する」ことが前提といえます。そう考えると、「いただいた内定を辞退するのは、先方に対して失礼ではないか?」と考えるのは自然な流れかもしれません。しかし、現実問題として「入社したい意図はあったが、面接を受けてみた結果、最終判断としてこの会社を選択しない」ということは十分ありえます。企業側には「採用する・しない」を決定する権利があるのですから、応募者側にも「就職する・しない」を決定する権利があるのは当然です。誠実な態度で辞退の意思表示をすれば、先方に多少不愉快な思いをさせるかもしれませんが、社会常識に反するほどの失礼にはあたらないでしょう。

 転職活動において、「1社ずつエントリーし、その会社で採否が決まるまでほかの会社と一切接触しない」というような悠長な転職活動をしていては、どれだけ転職活動が長引くかわかりません。転職活動をしている人の多くは、複数の企業に同時並行でエントリーしています。つまり、応募先の企業も併願している可能性があることは知っていますから、基本的には受け入れるしかないことだと理解しているでしょう。

■内定辞退は損害賠償の対象になる?

 内定辞退はありうることではありますが、中には内定辞退を理由に損害賠償を求めてくるケースもあるようです。これは、法的に根拠のあることなのでしょうか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ORICON NEWS

トピックスRSS

ランキング