男のキャンプめしのレベルを上げる【食事編】アイテム

ORICON NEWS / 2017年8月13日 10時0分

アイスクリームが作れるボール、携行性抜群のコーヒードリッパーなど、アウトドア食事や食後のくつろぎ時に重宝するアイテムをピックアップ。 (C)oricon ME inc.

 屋外レジャーのハイシーズン到来。気持ちよく晴れた休日に、山や川を望む自然豊かなフィールドで家族や友人と楽しむ料理や食事は格別。そこで今回は、アウトドア系ライターの和田義弥氏に、「キャンプめし」のレベルが上がるアイテムをピックアップしてもらった。今回はアウトドア料理を食べる時や食後のくつろぎ時に使えるアイテムをチェック。

【画像】男のロマン・ロケットストーブで薪料理にチャレンジ

■グリルやバーナーをセットできる“BBQテーブル”
ジカロテーブル(スノーピーク)/3万2184円(税込)

「バーベキューは焼きながら食べるため立食スタイルになりがちですが、このテーブルはジョイントを付けてグリルやバーナーをセットすることでチェアに腰を下ろして落ち着いた大人のバーベキューを楽しめます。テーブルの高さは400mmで、ゆったりとしたロースタイル。八角形の天板も広々としており、アウトドアにラグジュアリー感をもたらしてくれます」

■キャンプディナーをムーディーに演出する相棒
ノーススターチューブマントルランタン(コールマン)/2万1384円(税込)

「230ワット相当の大光量でキャンプサイト全体を明るく照らしてくれます。温かみのあるオレンジ色の光はキャンプのディナーをグッと美味しくしてくれるはず。点火の際のポンピングや定期的なメンテナンスなど、ちょっと手間がかかるところも道具としての味わいであり、楽しさです」

■遊びながらアイスクリームを作れるアイデアグッズ
ソフトシェルアイスクリームボール(イエラボ)/5940円(税込)

「子どもも大人も、男性も女性もみんなが大好きなアイスクリーム。この道具があれば野外で遊びながら簡単に作れます。球状の本体に材料を入れて30分ほど転がしたり、振ったりするだけ。みんなでやれば盛り上がること間違いなし。バーベキューのあとのデザート作りを楽しくしてくれるアイテムです」

■繰り返し使える携行性抜群のドリッパーで、至福の一杯を
O.D.コンパクトドリッパー2(モンベル)/1645円(税込)

「洗って繰り返し使えるエコロジカルなコーヒードリッパーです。箸や枝などでカップにセットできるアイデアがグッド。手の中に納まるほど小さく折り畳め、重さはわずか4g。携帯性も抜群です。家庭でコーヒーを楽しむときにも使えます。紙のフィルターのようにゴミが出ないのもうれしい。空の下の至福の一杯を」


Profile
アウトドアライター 和田義弥
旅やアウトドアなどのジャンルを中心に記事を執筆するフリーライター。これまでオートバイで世界一周したほか、自転車ではアラスカやフィリピンを野宿ツーリング。著書に『キャンプの基本がすべてわかる本』(エイ出版社)などがある。

ORICON NEWS

トピックスRSS

ランキング