『セーラームーン』ミュージカル最終章が開幕 10戦士&タキシード仮面が意気込み

ORICON NEWS / 2017年9月8日 20時11分

ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』の最終章『美少女戦士セーラームーン -Le Mouvement Final-(ル ムヴマン フィナール)』が開幕

 2013年から上演されているミュージカル『美少女戦士セーラームーン』の最終章となる『美少女戦士セーラームーン -Le Mouvement Final-(ル ムヴマン フィナール)』が8日、東京・アイア2.5シアタートーキョーで初日を迎えた。5作品目にしてついにフィナーレとなる今回、主人公・セーラームーン(月野うさぎ)を演じる野本ほたる、タキシード仮面役の大和悠河らメインキャストが意気込みを語った。

【舞台写真】最終章にふさわしく…華やかなステージを展開

 2016年からセーラームーンを演じている野本は「2013年から積み上げてきてくださった先輩戦士の皆さんの想いも胸に、最高の舞台になるよう頑張ります。皆さんの心の中にいつまでも残る作品になるよう、千秋楽まで応援よろしくお願いします!!」と全力投球を誓う。

 そんなセーラームーンの恋人・地場衛で、地球のプリンスでもあるタキシード仮面を演じる大和は全キャスト唯一、5作品すべてに参加。「第一章からの思いを結実させ、私の熱い愛を皆さまにお届けします。タキシード&燕尾服、プリンス・エンディミオン&キング・エンディミオンなど、豪華絢爛な衣裳もお楽しみに!!」と見どころを語った。

 武内直子による世界中で愛され続ける少女漫画を原作に、月のプリンセスの生まれ変わりであるセーラームーンと彼女を守るセーラー戦士たちの愛と戦いの物語をすべて女性キャストで描く同ミュージカル。タイトルの『ル ムヴマン フィナール』とはフランス語で『最終楽章』を現しており、それにふさわしく本編終了後のスペシャルライブショーでは過去最大の6曲を披露、華やかなステージを展開する。

■10戦士&タキシード仮面のコメント全文

野本ほたる(セーラームーン/月野うさぎ)
「ついに初日です! セラミュー最終章。2013年から積み上げてきてくださった先輩戦士の皆さんの想いも胸に、最高の舞台になるようがんばります。皆さんの心の中にいつまでも残る作品になるよう、千秋楽まで応援よろしくお願いします!!」

大和悠河(タキシード仮面/地場 衛)
「いよいよ最終章。第一章からの思いを結実させ、私の熱い愛を皆様にお届けします。タキシード&燕尾服、プリンス・エンディミオン&キング・エンディミオンなど、豪華絢爛な衣裳もお楽しみに!!」

竹内夢(セーラーマーキュリー/水野亜美)
「本日開幕! 去年に引き続きセーラーマーキュリーとして、セラミューの舞台に立てることを本当にうれしく思います。素晴らしい劇中歌や、キラキラ華やかな衣裳に負けない迫力で、千秋楽まで精一杯演じきります。グランドフィナーレを飾る今作。皆さんで一緒に盛り上がりましょう!!」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ORICON NEWS

トピックスRSS

ランキング