“ジュニア”誕生の千原ジュニア、兄・せいじの息子とコンビ結成の夢プラン

ORICON NEWS / 2018年2月15日 11時26分

兄の息子と自身の長男でコンビを結成する夢プランを明かした千原ジュニア(C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニア(43)が15日、都内でNTTぷらら大阪チャンネル『千原ジュニアの居酒屋たこしげ』の会見に参加。兄で相方の千原せいじ(48)の息子と自身の長男でコンビを結成する夢プランを明かした。

【動画】イベントにはとろサーモン、ダイアンらも登壇

 大阪・千日前にある芸人が足繁く通う名店・たこしげを舞台にジュニアとたこしげのマスターが芸人とトークを展開する番組。ジュニアは「ホームだからスイッチが入らない」と苦笑い。若手時代に金がないときも1000円でお腹いっぱいになり、お酒も飲ませてくれたそうでジュニアは「大阪から出てきた芸人の骨組みは、ほぼたこしげでできている」と断言していた。

 たこしげのマスターはジュニアの服装がダサかったと暴露。膝にアクリルの半球をつけたズボンをはいて「サイバーやろ」と自慢げだったという。思わぬ口撃に「20歳ぐらいから着ている服はマスターの」と笑っていた。すでに1回目の収録は終わっているそうでマスターは「前回の収録は納得いかなかった。次回はもうちょっと…」とプロ顔負けのトークで笑わせた。

 また、囲み取材では昨年12月に誕生したジュニアの“ジュニア”の話題に。「まだ2ヶ月ぐらい。あんまりようわからん」と笑いつつ「顔は全く似てない。手足が細長いのは似てます」と頬をゆるませた。子どもは自由に育ってほしいという。「芸人って言われたら、いろいろ思うなぁ」と話しつつ「どうしても芸人やるって言ったらせいじの息子とコンビを組ませる。せいじの息子は見込みある。芸人のスキルで言ったら、せいじより高い」と、いとこ同士のコンビ結成プランをぶち上げ、笑わせていた。

ORICON NEWS

トピックスRSS

ランキング