佐藤仁美、12.2キロの減量に成功 美くびれを披露し「モテたい!」

ORICON NEWS / 2018年4月17日 13時0分

12キロの減量に成功した佐藤仁美 ビフォー(左)⇒アフター

 女優の佐藤仁美(38)が17日、都内でRIZAP(ライザップ)の新CM発表会に参加。12.2キロの減量に成功し、見事な美くびれを披露した。

【写真】見事なくびれ!佐藤仁美、12キロ減量でドレス姿も披露

 佐藤は1995年に『ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲得。その後、女優として数々のドラマや映画に出演し、中でもNHKの朝ドラには『とと姉ちゃん』、『ひよっこ』など5作も出るなど“常連”として大活躍している。バラエティーでも親しみやすく、豪快なアネゴ肌のキャラクターで引っ張りだこ。そんな佐藤だが38歳となり、お酒好きに加えて何事も長く続かないずぼらな性格がたたり、体重61.6キロという体型に悩みを抱えるようになった。

 40歳を目前に「変わりたい!」と一念発起。ライザップでボディメイクに挑戦した。3ヶ月の期間で61.6キロから49.4キロと12.2キロの減量に成功。体脂肪率も35.1%から24.6%と大幅に下げることができた。

 新CMではぶよぶよのお腹を恥ずかしそうに触るところから一変。スタイリッシュな衣装に身を包み、晴れ晴れとした表情で見事にくびれた体を披露している。佐藤は「ずぼらで何をしても続かない性格でした。さらに、お酒も大好きなので、ダイエットは諦めていました。でも今回、RIZAPのトレーナーが何を言っても受け入れてくれて、私にストレスなくできるプログラムを組んでくれたから、ここまで変われることができました! せっかくここまできれいになったんだから、モテたい!」とコメントした。

ORICON NEWS

トピックスRSS

ランキング