上白石萌音、主演作『L・DK』で使用したお部屋セットを紹介 杉野遥亮&横浜流星にバッタリ遭遇も

ORICON NEWS / 2019年3月21日 7時0分

映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」』がふたつ。』より場面カット(C)「2019 L・DK」製作委員会

 女優・上白石萌音が恋愛映画に初挑戦し、杉野遥亮、横浜流星と共演する映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」』がふたつ。』(・はハート/本日公開)の撮影現場自撮りレポート第4弾映像が公開された。キャスト陣が自らカメラを持って現場の様子を紹介するシリーズ。最終回となる今回は、上白石が撮影で使用したお部屋セットをレポートしている。

【第4弾動画】上白石萌音がお家セットを案内…杉野遥亮&横浜流星に遭遇も

 原作は、渡辺あゆ氏により『別冊フレンド』(講談社)で連載され、コミックス累計発行部数は1000万部を突破している人気作。14年に剛力彩芽、山崎賢人の共演で映画化され、劇中に登場する“壁ドン”が流行語大賞トップ10に入るなど話題を呼んだ。今作ではキャストを一新し、原作でも人気のある「玲苑(れおん)編」が描かれる。

 「玲苑編」は、恋人同士で同居している主人公・西森葵(上白石)と学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野)のもとに、アメリカから突然やってきた柊聖のいとこ・玲苑(横浜)がやってきて3人の同居生活がスタートする。同居を隠そうとしたが、あっさりバレてしまい、葵と柊聖のふたりを引き離そうとする玲苑との波乱の三角関係に発展していく。

 スタジオ入りした上白石は、杉野をスマホで追いかける横浜とバッタリ。今年の抱負を聞くと横浜は「えっとー、頑張ります」と笑顔でコメント。逆質問された上白石は「身長を伸ばします」と答え、横浜も「僕もです」と返すなど、キャスト陣の仲の良さがうかがえる。葵の家にカメラを持って潜入していくと、たたまれた布団や3人が使った歯ブラシ、キッチンなど、細かい裏側まで映し出されているメイキング映像に仕上がっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング