フジ新人アナ2人、テレビ初出演でダウンタウンの洗礼 東大医学部卒業アナに松本人志「フジテレビにメス入れなあかん」

ORICON NEWS / 2019年6月21日 5時0分

28日放送の『ダウンタウンなう』の模様(C)フジテレビ

 フジテレビ新人アナウンサーの堀池亮介(ほりいけ・りょうすけ)、藤本万梨乃(ふじもと・まりの)が、28日放送のフジテレビ系『ダウンタウンなう』(後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」で、テレビ初出演を果たすことがわかった。

【番組カット】ダウンタウン&坂上忍の洗礼を受ける新人アナ2人

 この日が初めてのテレビ収録とあって、新人アナの2人は収録のスタート前から緊張を隠せない様子。発声練習や自己紹介の準備を繰り返す2人に心境を聞くと、藤本アナは「大船に乗ったつもりで楽しめればいいなと思っています。でも実は昨日から弱音を吐いてしまうほど緊張しています」、堀池アナは「昨年、先輩方が出た回の放送を録画していて、5回は見ました。全力で思い切ってやれたら」とフレッシュに意気込みを語った。

 いよいよ収録が始まると、席に着くや否や、藤本アナの出身大学が東京大学医学部だと知った、一同から驚きの声が。さっそく、浜田雅功は「何でフジテレビ?」、松本人志が「フジテレビにメス入れなあかん」と次々にツッコミが入る展開となる。一方、順天堂大学サッカー部出身の堀池アナは、得意のリフティングを披露しながらの自己紹介に挑戦するが、松本から「リフティングせずにあいさつしたほうがいい」とツッコミを入れられる。

 番組の事前アンケートで、ダウンタウン、坂上忍の印象を聞かれた2人だったが、優等生すぎる回答を連発する堀池アナに対して、藤本アナは大物・ダウンタウンを相手に大胆な回答。浜田から頭をはたかれ、ツッコミの洗礼を受ける。また、堀池アナは、自身が人生で一番笑ったという『ワイドナショー』で見た芸人・チェリー吉武の一発芸を紹介する。

 収録を終えて、藤本アナは「本当に緊張したのですが、ずっとテレビで見ていたみなさんとこんなに至近距離でお話しできるなんて、夢のような時間でした。浜田さんから愛のある“一発”をいただけたことが本当にうれしくて、忘れられないです。40分ほど収録していたのが信じられないくらい、一瞬の出来事に感じられました。これからどういうアナウンサーになったらいいかという指針もいただけたので、頑張っていこうと思います」とコメント。

 一方の堀池アナは「本当にあっという間で、たくさん汗をかきました。ダウンタウンさんは本当に面白くて、優しくて感動しました。番組にゲストとして呼んでいただくことは今後ほぼないと思うので、進行役としてゲストの方にお話を聞くことになった時、今日の経験を生かしたいと思います」と真面目に意気込み。自己採点は「50点」(藤本アナ)「20点」(堀池アナ)と厳しめだったが、「失敗もありましたが、アナウンサーとしての第一歩として、ぜひ温かい目で見ていただけるとうれしいです」(藤本アナ)、「リフティングに一発芸にとたくさん体を動かして頑張りました。これからも何事にも全力で取り組みたいです」(堀池アナ)と掲げていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング