古川雄輝、4歳上の一般女性と結婚 今秋パパに「より一層俳優として精進」

ORICON NEWS / 2019年6月23日 12時4分

古川雄輝 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の古川雄輝(31)が4歳年上の一般女性(35)と結婚したことを23日、所属事務所を通じ発表した。きのう22日に都内区役所に婚姻届を提出。なお、女性は現在第1子を妊娠しており、秋頃に出産を予定している。

【写真】古川雄輝、濱田龍臣&板垣瑞生と“イケメン”3ショット

 事務所によるとお相手の女性とは8年前、共通の友人の誕生パーティーで出会い、交際に発展。その後一度は友達の関係に戻ったものの、昨年春に改めて交際が始まったという。2人はすでに同居しており、挙式・披露宴については未定。

 ツイッターでコメントを発表した古川は「いつも応援してくださるファンの皆様へ」として「この度、かねてよりお付き合いしておりました女性と入籍致しました事をご報告させて頂きます。そして実は新たな命を授かり、より一層俳優として精進し真摯に向き合って参りたいと思っております」と決意。

 また、「これまで温かく支えてくださった皆様には突然のご報告となり申し訳ございません。今後とも変わらぬご声援を頂ければ幸いに思います」と呼びかけている。

 古川は1987年東京都生まれ。7歳でカナダに移り、中学卒業と共に単身アメリカ・NYへ渡る。慶應義塾大学に入学後、2009年『ミスター慶應コンテスト』でグランプリ、2010年『キャンパスターH★50』にて審査委員特別賞を受賞し、同年に俳優デビューした。フジテレビ系ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』、映画『曇天に笑う』など多くの作品に出演し、7月には主演舞台『神の子どもたちはみな踊る』(原作・村上春樹)が控えている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング