『M-1』史上初の準決勝ライブビューイング 全国の映画館でディレイも実施

ORICON NEWS / 2019年11月7日 18時0分

『M-1グランプリ2019』準決勝で史上初のライブビューイング開催(C)ABC

 12月4日に東京・港区のニューピアホールで行われる“令和初”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2019』(ABC・テレビ朝日系)の準決勝が、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールでライブビューイングされることが決定した。ライブビューイングは『M-1』史上初の試みで、同日に全国各地の映画館でディレイビューイングも開催される。

【写真】昨年度の王者・霜降り明星は優勝から半年間休みなし

 2015年に5年ぶりに復活した同大会は、プロ・アマ・所属事務所を問わず、2人以上で結成15年以内のコンビ(2004年1月1日以降の結成)が出場可能。8月1日より1回戦がスタートし、エントリー数は過去最多の5040組となるなど、熱気が高まっている。

 決勝戦は12月22日に放送され、同日に敗者復活戦も行われる。

■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】
2001年度 中川家【1603】
2002年度 ますだおかだ【1756】
2003年度 フットボールアワー【1906】
2004年度 アンタッチャブル【2617】
2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】
2006年度 チュートリアル【3922】
2007年度 サンドウィッチマン【4239】
2008年度 NON STYLE【4489】
2009年度 パンクブーブー【4629】
2010年度 笑い飯【4835】
2015年度 トレンディエンジェル【3472】
2016年度 銀シャリ【3503】
2017年度 とろサーモン【4094】
2018年度 霜降り明星【4640】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング