ゆず、閉館した横浜文体で初のオンラインツアー開幕 AR演出など新たなライブ体験

ORICON NEWS / 2020年9月27日 23時19分

ゆず初のオンラインツアーではファンがアバターとなって参加

 男性デュオ・ゆずが27日、自身初のオンラインツアー『YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN』初日公演を、横浜文化体育館で開催した。

【ライブ写真】閉館したセットのない横浜文化体育館で初日を迎えたゆず

 本ツアーは、今月16日に2作品同時発売されたライブベスト映像作品『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 1997-2007』『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 2008-2020』を携えた有料配信ライブ。動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」で、9月27日のDAY1:出発点を皮切りに、毎週日曜日の午後9時に配信。最終日の10月25日まで、会場とライブテーマ、セットリストを変えながら全5公演が行われる。

 各ライブ会場は、ゆずにゆかりのある横浜エリアから選定される。ツアー初日は、ゆずが1998年に初めてアリーナ規模の会場としてステージに立ち、以降も活動の節目にライブを行ってきた“聖地”横浜文化体育館。老朽化に伴い、今月6日に58年の歴史に幕を下ろした“文体”の中央に、北川悠仁、岩沢厚治の2人だけで立った。

 今回のツアーは全5公演、自身の代表曲「夏色」を除いてすべて“かぶり曲なし”というセットリストで構成される。「大バカ者」「始発列車」「気になる木」など、通常のツアーではあまり披露されることのないアルバム曲やカップリング曲も盛り込まれ、 SNS上では喜びの声があがった。

 オンラインライブならではの試みも行われ、これまで数々の映像作品を手がけてきた映像ディレクター・東市篤憲氏率いる制作チームによるAR演出を採用し、セットのない会場にさまざまな背景が登場した。

 「いつか」では大樹が映し出されて雪が舞い降り、「ユーモラス」では世界的アーティスト・村上隆氏の花が画面一面に出現。ライブ鉄板曲「夏色」では、スマホ用アプリ「ピグパーティ」とコラボレーション。事前に選ばれたファン24人が“ピグ”というアバターに自身を投影し、ゆずと共演するなど、オンラインだからこそできる新たなライブ体験をファンに届けた。

 さまざまな演出や見せ方を盛り込んだオンラインツアー初日の締めくくりには、日本テレビ系ドラマ『親バカ青春白書』主題歌「公私混同」を初披露。この日のライブはきょう27日から10日間、アーカイブ視聴が可能で、DAY1からDAY5までの視聴チケットも販売中。

■『YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN』
 DAY1:出発点 in 横浜文化体育館 セットリスト
01. 大バカ者
02. 手紙
03. 始発列車
04. 境界線
05. いつか
06. 雨と泪
07. 連呼
08. 傍観者
09. 気になる木
10. ジャニス
11. 夏色
12. ユーモラス
13. 公私混同

■『YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN』
9月27日(日) DAY1 出発点
10月4日(日) DAY2 思春期
10月11日(日) DAY3 新天地
10月18日(日) DAY4 青写真
10月25日(日) DAY5 未来図
※全公演午後9時開演。公演時間は約1時間20分を予定。各配信日から10日間アーカイブの視聴が可能

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング