1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

ミス日本コンテストファイナリストに医学部3年・横山莉奈さん「様々な刺激を受けて成長し、信頼される医師を目指します」

ORICON NEWS / 2021年9月21日 18時30分

『第54回ミス日本コンテスト2022』東日本地区ファイナリストに決定した横山莉奈(C)Deview

『第54回ミス日本コンテスト2022』の東日本地区大会が14日、東京・京王プラザホテルで行われ、自己PR、質疑応答、洋服審査、スポーツウェア審査など厳正な選考を経て、2022年1月24日に行われる予定の『ミス日本コンテスト』に出場する地区代表9名が決定した。ファイナリストの一人、東京医科歯科大学医学部3年の横山莉奈さんは、国際ボランティアを目指すも世界的なコロナ禍で断念。自身を成長させる場としてミス日本にチャレンジした。

【写真】スポーツウェア審査で特技のバレエのポーズを見せる横山莉奈さん。

「15歳の時にNASAのケネディ宇宙センターに行き、直接宇宙飛行士の方から『仲間を信頼し、大切にする』という言葉を学んだことが、今では私の軸となっています」という横山莉奈さん。「医学部受験の時も、同じ目標を持ち切磋琢磨しあった仲間と共に、諦めない心を培いました」と語る。「今後はミス日本の活動を通し、様々な刺激を受けて成長し、患者さんに寄り添う医師を目指しております」と目標を語り、日本大会に向けて「ファイナリストの方々と切磋琢磨しながら成長につなげていきたい」と意気込みを語った。

 横山さんは昨年、仲間とともにルワンダで国際ボランティアを行うために出国するも、突然コロナの封鎖が始まり、日本に引き返さざるを得なかったと語る。「しかし諦めずに、いつか実現させるつもりです。コロナが収束したらワンダに行きたい! ルワンダは1994年に大虐殺がありましたが、今やIT立国として成長を続け“アフリカの奇跡”と呼ばれています。それでもまだまだ職に就けずにスラム街で暮らしている方も多いのですが、そうした地域に住むシングルマザーの雇用創出の手伝いをしたいと思っています」と強い決意を語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング