あまりにもおしとやかにアピールする猫 控えめな「なでて」にキュン死続出

おたくま経済新聞 / 2019年7月3日 7時0分

写真

画像提供:川井いねこさん(@ineko_kawai)

 ペットと一緒に暮らしていると、その性格や表情の豊かさに思わぬ一面を見た気持ちになることがあります。そんなペットの中でも人気な猫の仕草が、あまりにも控えめで見た人たちをキュンキュンさせています。

 ツイッターに投稿されたその動画は、3匹の猫たちと暮らしている川井いねこさんのおうちのお嬢様猫「ジーナ」ちゃん。6歳のオトナ女子なジーナちゃんは、ちょっと天然で、独自の世界を持っているクールビューティーな猫。他の2匹のメンズ猫たちにはツンツン、ニンゲンにはデレデレ。甘えたい時は抱っこをせがみ、顔を舐め回してくる甘えん坊さんでもあります。

 そんなジーナちゃんが、川井さんに構って欲しい時の様子が撮れたわけですが……。ちょっと足をもじもじさせてから、右手で川井さんのお膝にちょん。思わず爪が出てしまいますが、すぐに引っ込めます。


 そして、声になっていない「にゃ」の後に、またもじもじ。そして、再びちょん。


 そんな控えめな「なでて」に川井さんがなでようと手を出したその瞬間、膝の上に乗って甘えてくるジーナちゃん。思う存分なでなでされてご満悦の様子です。

 

 この様子を、「なでてほしいアピール(控えめver.)」とツイッターに投稿したところ、「下ろしてるときの前足が、ちょっともじもじしてるのがキュンとします」「声出てないけど鳴いてる。控えめですねー」「私もなでたい」「萌え死ぬ」といった声が、可愛いの言葉とともにリプライに溢れる状態に。

 猫って、かまっての圧がすごい子や、何を訴えたいのか分からないけどとにかく何か鳴きまくる子、ニンゲンが何か作業している時だけに限ってやってくる子など、色々ですが、これだけおしとやかに控えめなアピールだと、ついつい構いたくなってしまいますね。

なでてほしいアピール(控えめver.) pic.twitter.com/rf2hCqmLpS

— 川井いねこ (@ineko_kawai) June 30, 2019

<記事化協力>
川井いねこさん(@ineko_kawai)

(梓川みいな)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング