星プロが子供の夢を実現「子どもの想像力を実現してみた!」ドキュメント動画

おたくま経済新聞 / 2020年3月25日 13時0分

写真

星プロ「子どもの想像力を実現してみた!」

 NTTドコモの創作絵画コンクール「ドコモ未来ミュージアム」に寄せられた作品から、星プロメンバーが描かれた夢を実現するスピンオフ企画「子どもの想像力を実現してみた!」。実際に具現化した夢のマシンを作者に届けるWEB動画が公開されました。さて、反応は?

 NTTドコモが主催する創作絵画コンキュール「ドコモ未来ミュージアム」。想像力の翼を大きく広げ、様々な夢を描いた作品が数多く集まります。およそ14万件という応募作から星プロメンバーが「星プロ賞」を選び、描かれた夢の道具を具現化してしまおうという、このスピンオフ企画が始動したのは2019年12月のこと。

 注目の「星プロ賞」に選ばれた、沖縄県に住む3歳の喜屋武(きゃん)いつきさんが描いた作品「お花とおしゃべり」を具現化しようと、お花とおしゃべりするマシンが開発されました。星プロメンバーのモンジュウロウ(声:浜辺美波さん)をモデルに立体化された、その名も「お花とおしゃべりマシン Powered by モンジュウロウ」です。


 モンジュウロウの頭の上には、本物のお花が植えてあります。マシンに話しかけると、好きな食べ物や将来の夢など、色々な会話を楽しめる「おしゃべり機能」をはじめ、搭載されたセンサーでお花への水やりや光を当てるなど、お世話のタイミングを知らせる「お世話コミュニケーション機能」、顔を近づけると今日の運勢を占ってくれる「花占い機能」を搭載したマシンです。

 公開されたドキュメンタリータッチのWEB動画では、星プロメンバーが作品を選ぶ様子や、受賞作を具現化する道のりのほか、届けられた「お花とおしゃべりマシン Powered by モンジュウロウ」と喜屋武いつきさんの初対面の様子を収録。最初は突然のことに戸惑っていたようですが、次第に打ち解け、実際に楽しくお世話をする様子も見ることができます。



 こんなことができたらいいな、という子どもの夢に全力で応えようとする星プロメンバーの奮闘や、喜屋武さんの反応を収めた動画のほか、このプロジェクトについて詳しくは「星プロプロデュース道」特設サイトで見ることができます。

情報提供:株式会社NTTドコモ

(咲村珠樹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング