「避難所に持参して良かったもの」 漫画家が避難経験から紹介

おたくま経済新聞 / 2020年10月9日 19時0分

写真

避難所に必要な物資があるかは分からないので、持参できるものは持参を(きよまろさん提供)

 台風が接近しています。災害が予想される地域にお住まいの方は、早めの避難が肝要です。しかし自治体が開設する避難所は、本来別の用途に使われている施設。ホテルのように便利ではありません。避難経験のある漫画家がTwitterで、自分の経験をもとに「避難所に持っていくと便利なもの」を紹介しています。

 災害時に自治体が開設する避難所は、公民館など地域の集会施設や学校の体育館といった、多くの人が収容できる建物であることがほとんど。当然ながら、人が生活することを前提としていないので、用意される設備は限られています。

■ 布団や食料が無い事を怒る人がいる……

 漫画家のきよまろさん(@sobomiyako98)は、ご自宅が土砂災害警戒区域にあるため、台風や大雨などでたびたび避難所へ避難した経験の持ち主。その経験から、避難所で快適に過ごすため、避難の際に自宅から持参した方がいいグッズについてツイートしています。

 きよまろさんは「避難所は防災基地ではありません必要な物は持参しよう」というタイトルで「私も避難した事が何度かあるけれど、時々布団や食料が無い事を怒る人がいる。避難所には其々が必要な物はない。本当に危険ならいち早くだけど可能なら最低限の備えは持参すべき。2枚目のイラストを参考にどうぞ(3、4枚目は避難所での写真)」とツイート。

 そして続くツイートではきよまろさんが経験上、持参して良かったものを紹介しています。

【持参して良かったもの】
食べ物(パンやおにぎりなどそのまま食べられる物)
飲料水
紙コップ
マスク

歯磨き
洗面道具
タオル
ティッシュ
ビニール袋
ブランケットやシュラフ
懐中電灯
携帯電話
充電器
子供がいるならおもちゃや本(音や光の出ない物)など

 避難所に「防災倉庫」を併設しているところもありますが、これは導入や管理に予算や手間がかかることから、設置している自治体や自治会(町内会)は少ないのが現実。そして防災倉庫に入っているのは、土のうを作る袋や緊急用の発電機、ヘルメットなど、災害そのものに対処する備品が主で、避難所で避難者が活用できる物品はあまりありません。

 特に、真っ先に必要となる食料は、避難所ごとに備蓄するのが難しいものの1つ。ほとんどの場合、自治体が1か所で管理しており、必要に応じて避難所へ配送する仕組みとなっているため、とりあえず空腹を紛らわす食料や飲み物は持参した方が無難です。ペットボトルの水は飲む以外にも使えて便利。

 学校の体育館が避難所に指定されている場合、基本的に寝具の用意はありません。しばらくすると支給される場合もありますが、支給されるのか、それがいつ頃になるのかは避難してみないと分かりません。これから夜は冷えますから、毛布やシュラフなど、コンパクトにできる寝具を持参するのは重要です。

 避難所は不特定多数の人が集まることになるので、新型コロナウイルスの感染が広がりやすい環境。避難で不安な心理状態も考慮し、周りの人に安心感を与えるマスクや、除菌できるウエットティッシュなども用意しておくといいでしょう。

 普段お医者さんから治療のためお薬をもらっている方は、しばらく帰れないことも考慮して、手持ちの分は全部持っていった方が無難です。その時「おくすり手帳」も一緒に持参しておけば、薬が切れた際に医師が処方することも可能になります。

 また、小さなお子さんがいる場合は、光ったり音の出るものではない簡単なおもちゃや、絵本など暇がつぶれるものを持っていくのも吉。お気に入りのぬいぐるみがあれば、一緒に避難した方が、お子さんの心も落ち着きやすくなります。

 情報を入手するためのスマホやラジオ、周囲に音を漏らさないためのイヤホン(電池のいらない有線式がベター)も必需品。いつ充電できるか分からないので、充電器や充電済みのモバイルバッテリー、充電用のケーブルも忘れないようにしたいものです。

 2020年9月の台風10号で初めて避難所に避難した筆者の父は、先に避難してきた「避難上級者」の持参した品物に感心しきりだったとか。小さいテントやサンシェードを持参し、プライベートなスペースを作って着替えや授乳ができるようにしていた方もいたそうです。なお、テントやサンシェードはある程度の場所をとるため、避難所や状況によって使用不可の場合もあります。使う場合は事前に施設に確認をとるようにしてください。

 いざ避難、という時になると、慌ててしまって何を持っていけばいいのか分からなくなるもの。食料やお子さんのお気に入りのぬいぐるみ、絵本などを除いては、普段から災害に備えてパッキングしておくと便利です。その際、自分が持っていける大きさにまとまるかも確認しておきましょう。

【避難所は防災基地ではありません必要な物は持参しよう】
私も避難した事が何度かあるけれど、時々布団や食料が無い事を怒る人がいる。避難所には其々が必要な物はない。本当に危険ならいち早く⚠️だけど可能なら最低限の備えは持参すべき。2枚目のイラストを参考にどうぞ(3、4枚目は避難所での写真) pic.twitter.com/QnASE5yaIP

— きよまろ@4コマ漫画 (@sobomiyako98) September 5, 2020

→持参して良かったもの
食べ物(パンやおにぎりなどそのまま食べられる物)、飲料水、紙コップ、マスク、薬、歯磨き、洗面道具、タオル、ティッシュ、ビニール袋、ブランケットやシュラフ、懐中電灯、携帯電話、充電器、子供がいるならおもちゃや本(音や光の出ない物)など
→まだあったら追記します

— きよまろ@4コマ漫画 (@sobomiyako98) September 5, 2020

※初出時、サムネールの説明に一部誤字がありました。お詫びして訂正いたします。

<記事化協力>
きよまろさん(@sobomiyako98)

(咲村珠樹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング