1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「早くしなさい!」は効果なし?保育士が実践する子どもの準備を捗らせる小技

おたくま経済新聞 / 2022年1月29日 15時0分

写真

「早くしなさい!」は効果なし?保育士が実践する子どもの準備を捗らせる小技

 小さな子どもを育てていると「早くしなさい!」と言いたくなるタイミングってありますよね。玄関で全然靴を履いてくれない時、お風呂上りに服を着てくれない時、おもちゃを片付けてくれない時……。早くして欲しいタイミングは一日に何度も訪れます。私も含め、ついイライラしてしまうママも多いのではないでしょうか?

 子どもの準備が捗らないのは、保育園でも例外ではありません。朝の準備や、トイレへの誘導など、なかなか動いてくれない園児たちを、スムーズに誘導しなければなりません。

 今回は、ベテランの保育士さんたちが実践している、子どもにスムーズな行動を促すための小技を紹介します。実際に私も、ママとして、保育士として真似しています。全ての子どもにいつでも効果があるとは限りませんが、少しでも子育ての手助けになると嬉しいです。

■ 時限爆弾付きカウントダウン

 子どもに急いでもらいたい時、一番簡単に実践できる方法はカウントダウン。既にやっているママも多いのではないでしょうか?

 「10、9、8……」数を数えるだけで子どもが頑張ってくれるので、ママにとっては一番楽な方法ですよね。私も我が子によく使います。ただ、使いすぎて効果が薄れていませんか?

 そんな時は「0になったら爆発するよー」とか「こちょこちょするよー」と、遊びの要素を追加すると、楽しみながら行動してくれるようになります。

 さらにおすすめなのは、「0になるまでにできたらギューしよう!」「ヨシヨシするね!」など、子どもが喜ぶことを提案すると、頑張ってくれます。ママの方も(ギューして欲しくてこんなに頑張ってくれているのか)と思うと、我が子をさらに愛しく思えます。

 準備も早くできて、愛情も深まる。まさに一石二鳥です。

■ 実況中継

 お片付けやお着替えの時に有効なのが実況中継。子どもの一挙手一投足を実況します。

「あ、今〇〇ちゃんが車のおもちゃを片付けようとしています。上手にできるでしょうか?」

「今まさに、〇〇ちゃんがズボンを履こうとしています。おおっと、右足が入りました。さぁ、次は靴下を履くのでしょうか?上手に履けるかな?」

 など、子どもの行動を実況します。子どもは、ママに見られることがとても好きなので「ちゃんと見てもらえている」といった安心感にもつながります。

 この方法のポイントは、子どもを行動して欲しい方向へ促す実況をすること。例えば「おーっと、全然片付けようとしません、また遊び始めてしまいまいました!」など、やめて欲しいことを実況してしまうと、逆効果になってしまいます。

 「あ、今もしかして着替えようとしていますね?」や「お片付けが始まりそうです。」など、言葉で誘導すると、意外とすんなり行動してくれる子もいます。

■ ママと競争ね!よーいドン!!

 公園から全然帰ろうとしてくれない時や、夕ご飯なのに席についてくれない時、お風呂に入ってくれない時などに威力を発揮する方法です。

 子どもは、大人よりも切り替えが難しいと言われています。子どもからすると、自分が公園で遊んでいるのに、「早く帰るよ」と言われても「まだ遊びたい」と思うのは当然のこと。

 逆に切り替えさえ上手くいけば、子どもはすんなり次の行動に移ってくれます。その心理を使った方法が、ママとの競争。子どもは「現在の遊び」から「ママとの競争(次の遊び)」に気持ちを切り替えることができます。

 ただ、この小技は子どもを選ぶようです。日頃聞き分けの良い子や、争いを好まない優しいタイプの子には全く響かないことも。反対に、負けず嫌いな子や活発な子には効果抜群です。

 効果抜群な子の場合には一つ注意点も。「ママとの競争」とよびかけると一気に駆けだしてしまうことがあります。もしこれが公園ならば一人で道路に飛び出すことにつながります。試す場合には「よーいドンでスタートだよ」としっかり事前に言いきかせることや、競争する「場所」を選ぶことが重要です。

【一柳ひとみ:筆者プロフィール】
都心にあるシティホテルで、サービススタッフ、宴会担当や婚礼担当(ウエディングプランナー)として、10年以上勤務。現在は3児の子をもつ母。保育士として働きつつ、臨時で結婚式の仕事やライター業も行っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください