オスカーが奥の手! 女優休業したはずの“低視聴率女王”剛力彩芽がNHKでドラマ復帰で…

おたぽる / 2015年12月3日 19時0分

写真

 9月、4枚目のシングルCD「相合傘」(SMR)をリリースした際、当面の間、女優を休業し、歌手活動に専念することを発表していたはずの“低視聴率女王”剛力彩芽が、あっさり前言を撤回し、ドラマ出演することが明らかになった。

 剛力が出演するのは、来年1月11日午後9時より、NHK BSプレミアムで放送される特集ドラマ『ジャングル・フィーバー』で、剛力は“主演”を務める。

 同ドラマは、人類存続のため、宇宙船に乗せられた7人の死刑囚による密室サスペンス。核戦争の勃発による人類滅亡の危機が迫った2065年、死刑囚の中から選び抜いた7人を、宇宙船に乗せる「人類再生プログラム」が極秘裏に進められていた。それは、地球から46光年離れた地球と同じ環境を有する惑星に、人間を運び込んで人類の絶滅を防ぐという計画だ。大学生で死刑囚の原口沙織(剛力)は、他の乗組員と協力しながら生き伸びることを願っていた。しかし、隔絶された宇宙船という密室は、心理戦によるサバイバルの舞台と化していた。無機質な宇宙船を舞台に、アマゾンのジャングルさながらに、弱肉強食の世界が繰り広げられていく密室サスペンス・ドラマだ。

 剛力以外の乗組員役は、大東駿介、篠原ともえ、阿南健治、高橋メアリージュン、矢柴俊博、内藤理沙、一ノ瀬ワタルの7人で、大東のみ死刑囚役ではない。その他、法務大臣役で、國村隼が出演する。

 剛力といえば武井咲とともに、所属事務所オスカー・プロモーションの強力な“ゴリ押し”で、多くの仕事を獲得していった。一時は、「剛力を見ない日はない」というほど、テレビに出まくっていた。

 しかし、女優として主演したドラマはことごとくズッコケた。福田沙紀とのW主演だった『IS~男でも女でもない性~』(テレビ東京系/11年7月期)は平均視聴率2.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大惨敗。連ドラ単独初主演となった日本テレビ系の深夜ドラマ『ティーンコート』(12年1月期)は平均3.4%。ゴールデン帯で主演した『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系/13年1月期)は平均11.4%で、それほどひどくはなかったが、よりによって最終回で8.1%を記録。フジ月9の最終回としては、史上ワースト視聴率を出してしまい、月9の喜ばしくない伝説に、その名を残してしまった。

 その後、プライム帯(午後7時~11時)では、すっかり主演オファーがなく、14年1月期のテレビ朝日系の深夜ドラマ『私の嫌いな探偵』で1年ぶりに主演を務めたが、平均6.8%とイマイチ。同年7月期にヒロインで出演した『あすなろ三三七拍子』(フジテレビ系/柳葉敏郎主演)は、ゴールデン帯で平均5.2%と惨たんたるものだった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング